閃の軌跡3 感想日記35「カイロ・リィン」




※ネタバレがあります。

憧れの先生・ドロテ


とりあえず、帝都を回って
住民からお話を聞くことに!

そこで帝國博物館に行きますと、
同窓生で作家のドロテがいたんです!!

ミュゼやタチアナにとっては、
猛烈に憧れるとある分野先生でして
それだけでは食べていけないからと
受付をやっているのだとか。
どの分野かはお察しくだされ


出土品の調査


イケメンのモブキャラ白衣を着た学芸員に
常魔のカンテラの調査を依頼されました!

こういったアーティファクトには、
特別な力が残されていることもあるのですが
その場合は教会に預けなければなりません。

なので、学芸員では調べられない
戦闘での調査を行うことに。
ギルドに頼んでくれればいいのに

すると、リィンらに
特別な効果を発揮してくれたので、
仕方なく教会に収めることになりました。

きっちりとルールを守って偉いですな。
私なら嘘をつ(ry

クルトの母親


この帝都は、クルトの故郷でもあるんです!

なので、クルトの実家に向かいますと…
と、とびきり美人な女性が
いるではありませんか!!!

アッシュもこの女性は恋愛対象のようで
クルトのお姉さんだと思っていたのですが
実はお母さんだったんです!!

いったい何歳で
クルトを生んだのですか!!

これが俗にいう美魔女ですな…!
その上、ヴァンダール流に
長けているのだから言うことはありません!

共和国大使館


今度は、サンクト地区の
共和国大使館に向かいました!
するとそこには、レクターがいたんです!

なぜ帝都憲兵が大使館前でなく
敷地内に詰めているのか、

とリィンは問いますが
レクターは答えてくれませんでした。

大使館うんぬんのルールは
あまり詳しくないのですが、
確か他国の人間(ここでいう帝国の人間)は
大使館の敷地内に
入ってはいけなかったような…。

大切な家族の捜索


大切な家族を探してくれー!と頼まれたので
美人な奥様にでも逃げられたのか
とにやにやしながら考えていたら…
まさかのインコでした!!!

この子は色々と面倒で、
あちこち飛び回るんです…!

虫取り網でひっ捕らえたいのですが
このように鳩に交わって
餌を食べることもあり…。

捕らえるのに苦労したせいか、
謎の達成感を得ましたぞ。

ですが本当に大切な家族なら、
自分の手で探してくだされええええ!!!

シスコン発動


大使館の次は、アストライア女学院へ。
ここにはリィンが溺愛する妹の
エリゼがいるんです。

なので、女学院の誰かをナンパしよう
とするアッシュを見たリィンが、
黙っているはずもなく…。

笑顔で肩を鷲掴みしたかと思えば、
アッシュが身動き取れないほどの
力が込められていたようで…。

貼りついた笑みが怖いですぞ…。
スターウォーズでいうと、
ダークサイドに堕ちたフォースですな。
なのでカイロ・レンならぬカイロ・リィン

VS デュアルヘッドダイノ


ジュラシックパークに登場しそうな恐竜が
フードの男性を襲っていたので
ちょちょいとやっつけることに!

ってこの人…

トマス教官


トマス教官じゃないですかあああ!!!

しかもこの作品では、
前作で黒の史書を全て集めた態で
進んでいるんです。

なので、リィンは
彼の正体が星杯騎士であることを
知っています。

…にしても教官よ、戦えるのだから
双子頭の恐竜くらい
自力でやっつけてくだされ。

トワの過去


お昼はトワの実家…
ハーシェル雑貨店にお邪魔することに!

そこでトワのお部屋に上がり、
ムフフなことを…!
違います

トワから渡したいものがある
と呼ばれてお邪魔し、彼女の部屋で
家族の写真を眺めていました。

トワの両親は、
外国で飛行船による事故に遭い、
お亡くなりになりました。

そこで、祖父が預かってくれたんですね。

じーっと見ますと、
トワが母親似であることがわかります!

卒業アルバム


しかし渡したいものとは、
婚約指輪だろうかとドキドキしながら
考えていたところ、
まさかの卒業アルバムでした!!

Ⅶ組は特殊で、リィン以外は
1年で卒業しちゃいましたもんね。

ですが、そんなリィンらを
見守っていたトワがわざわざ
アルバムを作ってくれるだなんて…!!

なんて気遣いのできる賢い娘なのだろうか!

私もこんな女性になりたかったですぞ!!
ただしたわわは…

導力波ノイズの調査


工房店には、お客さんから
通信機が繋がりにくい!!
という苦情が来ているよう。

なので、その原因を探りましたら、
なんと帝国時報社に
盗聴器が仕掛けられていたんです!!

これは共和国諜報員
ハーキュリーズの仕業ですね!

しかしハーキュリーズって、
セーラームーン戦士にいそうな名前ですな。
美少女戦士ハーキュリーズ

←次回 閃の軌跡3 感想日記36「100%勝てる鬼ごっこ」

→前回 閃の軌跡3 感想日記34「やる気スイッチ」

スポンサーリンク






4 件のコメント

  • りーさんも美魔女を目指してがんばれ~(^^ )

    今更なのですが閃3て、学園モノですか?^^;

    ちなみにペルソナは2で時が止まってます(古い…)
    3以降がちょうどゲームあんまりやれなかった時期なんですよね~(´`:)
    初代でいきなり雪の女王編に入ってしまい周りと話題が全く合わなくて『お前別のゲームの話じゃないそれ?』なんて言われたり

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    ありがとうございます!!美魔女を目指して頑張ります!!笑

    閃の軌跡3はほぼ学生ものです!( ´ ▽ ` )主人公は教官ですが、やっていることは閃の軌跡1、2とあまり変わりありません^ ^

    なるほど、そうなのですね…!あまり詳しくないのですが、調べたところ、雪の女王は難関ルートのようでした!1周目でいけるとは、さすがどにゃさんです!^ ^ 別ゲームに思われるほど、内容が異なったのですね…!

  • いえ、雪の女王編は攻略が難解であって、分岐自体は単なるフラグでしかないんですよ^^;
    だから『全校生徒の台詞見てみたい!』みたいな人は知らずに雪の女王編に進んじゃってもおかしくないんです。分岐を促す説明もないので、周りが警察署がどうとか話てるのに自分はヒュプノスの塔がどうとか塔内のセーブデータの仕様極悪だよな~とか言っても誰もペルソナの話しってわかってくれず、実際にプレステで画面見せてようやく信じてもらえたましたわ~発売直後だったので(´`:)

  • どにゃさん

    ご返答ありがとうございます!^ ^

    なるほど、そうなのですね…!警察署と塔では確かに、む??となるのも無理はないかと思いますが、そこまでしないと信じてもらえないとは、なかなか悲しいですよね。。(;ω;)

    雪の女王といえば、ドラクエ5に登場する「ゆきのじょおう」を思い出しましたw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。