閃の軌跡3 感想日記50「巨イナル黄昏の始まりと荒ぶるリィン」




※ネタバレがあります。

ミリアムの死


絶命の危機に陥るアルティナ、
そしてリィンを守るため、
身を挺して庇ったミリアム…。

…ボク…守れた…よね…

立派に守れましたぞ!!
だから逝かないでくだされ…!!!

Ⅶ組の一員が、まさかここで消えるだなんて
思いもよらなんだですよ!!!!


終末の剣


そんな願いもむなしく、
自らの命と引き換えに、
ミリアムは終末の剣と化しました…!

この剣を振るえば、不死の聖獣に
トドメを刺すことができるんです。

ですが、アイアンブリードやⅦ組の全員、
特にユーシスは、悲痛な表情を見せました。

ユーシスにとってはⅦ組の一員であり
妹のような存在でもあったので、
気持ちは分かりますぞ…!

そして、ミリアムの死をきっかけに
ある人物の外見が豹変したのです…!

荒ぶるリィン


それは、獣のような叫び声をあげ、
自我を喪失したリィンでした!!!
猫耳つけているので可愛く見えますな

大切な仲間の死によって
鬼の力をコントロールできず、
暴走してしまったと見受けられますぞ。

ヴァリマールの第二形態


リィンの豹変は
騎神ヴァリマールへフィードバックされ
第二形態と呼ばれる、
禍々しい外見に変わったのです!!

そして、リィンが手にした終末の剣も
魔王の剣みたくおどろおどろしく変化し、
そのまま聖獣との戦闘へ…!!

ミリアムの髪の色を想起させる
本来の清浄な水色の剣を
リィンが暴走して、穢しているように
思えてつらいですぞ…。

VS 名も無き黒の聖獣(3回目)


ここはもはや、イベント戦闘も同然です。

騎神戦なので、弱点の部位を狙って
リンクアタックの必殺を
しかけていけば楽勝でした!

リィンとヴァリマールのスチルも
専用のものに変わっているので
ちょっぴり感動いたしましたよ。

しかしリィンよ、
そやつは倒しちゃダメですぞ。

巨イナル黄昏が始まってしまいますぞ!!

不穏な予感


そんな私の忠告だけでなく、
新旧Ⅶ組の声にも耳を貸さないリィンは、
執拗に何十回も突き刺して、
とうとう聖獣を倒してしまいました…。

その結果、各地に
闇のオーラみたいなものが広がり、
帝国各地に謎の草が生え始めたのです。

この見た目は、
プレロマ草の一種でしょうか?
というよりリソースの使い回し感

それは、人の負の感情を
引き出しやすくしているようにも見えますぞ。


広がり方は、このような感じです。

もっともっと拡大していくので、
帝国だけに留まらず、
カルバード共和国やリベール王国にも
浸透しそうですな…。

このオーラに触れた帝国人の一部は
今すぐ共和国と戦争しよう!!
なんて言い出していました。

ちなみにですが、
そんな悲惨な状況でも某赤髪の遊撃士は
愛しのティータに
こんな言葉をかけていました。

…大丈夫だ。何があってもお前のことは…

アガットさんよ、甘い言葉を吐いて
女の子をドキドキさせている場合では
ありませぬぞおおおお!!!!


わたくし達…何に手を貸したんですの…?

デュバリィが不安になっていると、
カンパネルラが教えてくれました。

幻焔計画の完遂と引き換えに
巨イナル黄昏…つまり、
世界の終わりに手を貸したのだと。

どう見ても絶望的な状況ですが
この後、私にとって
キャアアアアア!!素敵ィィィィィ!!
と黄色い声を上げるほどの
出来事が起こったのです!!!!
注意:奇声ではありません

←次回 閃の軌跡3 感想日記51「クロウと駆け落ちしたいエンディング」

→前回 閃の軌跡3 感想日記49「妹もリィンも、ボクが守ってみせる!」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • お久しぶりです!

    閃3の戦いもいよいよクライマックスですね。
    こちらは大学卒業をかけた戦いがクライマックスです…!

    ネコミミかわいいですね笑
    目が赤っぽいのでうさ耳でもいいかも…

    それにしてもデュバリィちゃんは次回作で仲間になりそうな演出ですね。期待。

  • まりもさん

    コメントありがとうございます!^^

    お久しぶりです!
    もしや、戦いとは卒業論文のことでしょうか…!?大学生活の中で最難関の壁かと思いますが、応援しています!(´ ▽ `)

    はい!ネコミミいいですよね!
    確かに、うさ耳のほうが似合いそうですね…!そして、女性に装着したらバニーガールに…ごほん。。笑

    デュバリィは、結社の中ではシャロンみたく、仲間になる可能性がありそうですよね!
    私も閃の軌跡4では、彼女が味方になることに期待したいです!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。