閃の軌跡4 感想日記1「主人公が登場しない奇跡」




©2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
※ネタバレがあります。

はじめに

こんにちは、りーさんです!

閃の軌跡3から1年間…心待ちにしていた閃の軌跡シリーズ最終作に触れて、ふおおおお!!!と興奮しておりますよ〜!危ない人ではありません

ざっと遊んでみたところ、モブキャラの名前がバンバン出ているので、閃の軌跡シリーズを遊んだことがない人にも伝わるよう、私の分かる範囲で説明できればと思います…!

初めてのプレイかつ1年間心待ちにしていた作品なので、コメントでのネタバレはお控えください。


閃の軌跡4

絶望感が漂うスチルですが、彼が「閃の軌跡」シリーズの主人公リィン・シュバルツァーです。

前作のエンディングでは実父であり、帝国宰相のギリアス・オズボーンに囚われ、『巨イナル黄昏』という現象のトリガーを引いた張本人。

帝国の「呪い」によってこんな風貌ですが、本来は天然かつ女泣かせなラッキースケベ厨二教官です!

巨イナル黄昏とは?
終末の剣で暗黒竜にトドメを刺すと発現する現象。帝国中に黒い風を吹かせ、希望となる人間(リィンやロイド等)に関する記憶を曖昧にさせ、人間を好戦的にさせる。仲間のミリアムを失い暴走したリィンにより、引き起こされた。

帝国の様子

ここは、放蕩王子と呼ばれていたオリヴァルト殿下の故郷・アルスター。

彼は前作の最後でゲオルグにより爆殺され、アルスターの住人も悲しんでいました。彼らにとってオリヴァルト殿下は、誇りでしたからね。

そこで発令された国家総動員法により、19歳から45歳までの帝国男子に徴兵令が届くことに。アルスターの町長や一部の住人は『巨イナル黄昏』の影響で、戦おうぜ!とやる気満々です。

国家総動員法とは?
政府が全国民にあらゆる協力(物資の提供、徴兵令など)を要請できる法律。

海都オルディスには、マキアスの父であり、帝都知事レーグニッツの姿が!

こんなご時世なので、知事職を一時的に離れ、オルディスの統括者として赴任してきたわけです。

しかし、平民出身の彼が貴族の都を治めるなんて…。彼は大切な人を貴族の裏切りにより亡くしたので、複雑な心境でしょうな…。

そんな彼を見つめるのは、トールズ士官学院卒業生たち。元園芸部部長のたわわなエーデルと、ナンパ貴族のヴィンセント。

ヴィンセントの妹や、新旧Ⅶ組と連絡が取れないそうですが…。

リーヴスの変化

トールズ士官学院・第Ⅱ分校がある街リーヴスでも動きが。

武器商人でお客を選ばない主義のジンゴは、子犬のケルベロスとともに、街からどこかへ引っ越すことに。

ちなみにケルベロスは、清掃から店番までできる万能犬なんです。一家に1匹欲しい

そんな時、リーヴスに来たのはトールズ士官学院・本校の人間たち。

中には「結社」の執行者・戦鬼シャーリィの姿も!!セドリック殿下の護衛としてついているのですが、制服姿もたまりませぬな!

結社とは?
盟主を中心に使徒(幹部)と執行者(部下)などで構成された、高い武力・技術・科学力を持つ秘密結社。全容や目的は明らかになってないが、かつて女神が古代の人に授けた「七の至宝」を狙っている節がある。

ヨルムンガンド作戦

士気を高めるため、軍事パレードを開く帝国政府。その中にはリィンの同窓生アラン、そしてトールズ士官学院・学院長を務めたヴァンダイク元帥の姿が!

ヴァンダイクはリィンらを優しく見守りつつ、士官学院が襲われた際は全力で助けてくれたので、オズボーンに指示されて仕方なく扇動の役目を買っているのでしょう。

赤いオモチャ(騎神)を手に入れてから、5歳児のように力を振るうセドリック皇太子。

そんな彼は皇族代表として、共和国との戦争を「ヨルムンガンド作戦」と名付けました!

ヨルムンガンドとは、御伽噺に登場する、世界を呑み込む大地の竜の名前ですね。

以前は天使と言われていたのに、オズボーンによって好戦的な性格に変わっちゃったんです。天使を返せ

シェラザードの悲しみ

そんな軍事パレードを遠目に見ていたのは、銀閃と呼ばれる遊撃士・シェラ姉さん!!

天才ハッカー・ヨナと連絡を取りつつ、亡き恋人・オリヴァルト殿下から託された何かを持っていました。

どこにいても複数人と連絡ができる「Ⅶ組の輪」を可能にした古代遺物でしょうな…。

オリヴァルト殿下の死を、帝都から見ていたシェラ姉さん。

既に国葬が執り行われたようですが、彼の死に一番心を痛めているのは皇族でなく、彼女のはず。

けれど個人的には、彼の死を受け入れられないんです。類い稀な慧眼の持ち主ですし、ちゃっかり何かしらの手を使って生き延びてそうなんですよね〜。

巨イナル黄昏の侵食

共和国との戦争に向けて準備に入る一方で、「巨イナル黄昏」は市民らを蝕んでいました。

例えばいたいけな少女は、親しかった特務支援課のメンバーを忘れてしまったんです。

希望となりうる人物は、人々の記憶から曖昧にしているんですね。

黒月の取引相手

共和国のシンジケート「黒月(へいゆえ)」は、帝国政府と組んでいる様子。

画面中央に映るのはどんな交渉も成功に導くかかし男・レクターです。

ちなみに、ここまでは戦闘はともかく操作すらできていません。

イベントの連続再生ですし、主人公は髪の毛一本すら登場しないし、プロローグが長すぎるぜよおおお!!!まだまだ続く

閃の軌跡4 感想日記2「夢の空零コラボ!」

2018.10.05
スポンサーリンク






4 件のコメント

  • こんにちはりーさん
    ついに発売しましたね!、私もプレイしています、プロローグが今回長ーいですよね、
    シリーズ初の黒の工房ダンジョン登場やキャラドラマが気になりますね
    リィンとクロウのタッグが楽しみです♪

  • ヘクトル零式さん

    コメントありがとうございます!^ ^

    ようやく発売されましたね!!プロローグが長いので「いつ終わるんじゃ〜」と思いながら、傍観していましたw

    そうですよね、何もかもが本当に楽しみです!!今回も絆イベントがありましたら、クロウのイベントや、リィンと異性のドキドキイベントを積極的に見ねば…と心に決めておりますw
    .
    激しく同意ですw 私も2人のタッグを早く拝みたいです!( ´ ▽ ` )

  • あれ、これまでの復習かと思ったらゲーム始まってるんですねもう^^;

    ラッキースケベいいなぁ….

  • ドニャさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    そうなんです、ようやく始められました〜!( ´ ▽ ` )よろしくお願いします!^ ^

    ラッキースケベ最高ですよね!された方は「キャーーーーッ!!!」となりますが、私もそんな属性が欲しかった人生でした…(;ω;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。