『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記3「タリア編 3」




※ネタバレがあります。
※スクリーンショットの著作権は、「©2016 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved」です。

 今回は、精霊の証を得る過程での寄り道を主に、綴りたいと思います。グラディオン州からアスワカンの北西の州まで移動しました。


 大渦巻を越えるべく、精霊の証を得るためにグラディオン州へ向かいました。しかし、そこには赤ちゃんが捨てられていて……。タリアさんたちは、親を探すことになります。


 周囲の町や塔には、赤子を引き取りたいと言う人が続々と現れます。また、タリアさんとカーンが夫婦にも見られるそうで、そのたびに「違う」とはっきり拒むタリアさん。。カーンも頼りがいがあるので、お似合いだと思いますがはたして……。

 引き取り人は、修道士から市民までより取り見取りですが、私はこの女性に決めました! 引き取り人の中では唯一の女性なので、同性を信じて預けます……! しかし、本当の親はどこにいるんでしょうか?


 近くの森に3体の幽霊がいるので、倒して森の小屋で一晩過ごします。すると外は夜になり、徘徊すれば火の玉の浮遊を発見! 現実なら絶対に見ぬフリをしますが、ゲームなので好奇心から調べてみました!


 すると、悪霊が現れました。戦闘になるかと思いきや、そんなことはなく。どうやら、ユラニウスが関係しているようですが、詳細を教えてはもらえませんでした。気になりますね……!


 「不死鳥の羽根」を使い、帝都アスワカンの北東へ向かいます。不死鳥が降り立った場所には、やはり魔物が湧いていました。神聖騎士団が相手しますが、タリアさんたちが加勢しました。戦闘には勝利するものの、証らしきものは見つからず……。とりあえず、不死鳥が去った方向へ行くことに。


 しかし、ならず者が北桟橋を通せんぼしてくれます。なので仕方なく、別の手段で海を渡ることになりました。タリアさんは心当たりがあるようですね。



 帝都アスワカンの北寄りの中央に、転送装置なるものを発見! タリアさんは魔女なので、転送装置を使えるようにしてくれました。早速、次の州へ向かいましょう!


 転送装置での移動に酔ったカーンは見物つらそうですね。タリアさんは慣れているようですが……。しかし、酔ったからと言って休むわけにはいきません。不死鳥が降り立ったアーチへと足を運ぶタリアさんたち。


 アーチでの戦闘を終えますと、付近に倒れている人を発見!調べてみると、息はしていませんが、お面の片割れを持っていました。そこで、もう一つの片割れを探すことに。


 5歩ほど歩くと、矢文が届きました。倒れた男の依頼主のようで、お面の片割れを山小屋に持っていくようにと書かれています。片割れのことも知りたいので、その指示に従い、山小屋へと向かいました。


 山小屋は、目と鼻の先にありました。近すぎて、散歩にもなりません。。


 中に入ると、地下への階段が隠されていました。早速、潜り込みます! その先には、北斗の拳に出てきそうなギャングに、ロックな女性が囚われていました。個人的には清楚なお姉さんがよかった


 「片割れを寄越せば女を解放する」と言うギャングに、ギャフンと言わせたタリアさん一行。そして、助けた女性が仲間になりたいと言うので、パーティに加えました。この女性・マリオンは、ああ見えて斧使いなんです……。元木こりでしょうか?

←次回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記4「タリア編 4」
→前回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記2「タリア編 2」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。