『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記15「バルマンテ編 2」




※ネタバレがあります。
※スクリーンショットの著作権は、「©2016 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved」です。

 モウレワ州で悪事を働いたシグフレイを処刑し、100日も経たないある日のこと。再び、シグフレイの噂が出回ってきました。今回はテルミナ州にいるようなので、噂を確かめに行きます。

 テルミナ州には、4人の主人公のうちの1人・タリアさんがいるんです! なので、タリアさんとの対面が楽しみでしかたありません!!

シグフレイ編:テルミナ州


 テルミナ州までの道順は、アーサーが丁寧に教えてくれました。そして辿り着くと、不穏な動きを発見。パトリシアによりますと、「紋章焼き」と呼ばれるそうです。かつては精霊を呼ぶ習俗でしたが、時に冥魔を呼び出す輩がいたようですね。なので、帝国では「紋章焼き」を禁止していたとのこと。


 バルマンテらは、シグフレイの情報を集めつつ、シグフレイの指示で紋章焼きが行われている各地を巡り、実行者を討伐していきます。これを計5回ほど行わなければなりません……。


 以下の4箇所で、「情報収集→紋章焼きで戦闘」を繰り返します。

  1. 南関
  2. 北関
  3. ムーアヘッド(北の街)
  4. タリアの工房(東の小屋)




 そして待ち望んでいた、タリアさんとのご対面!! シグフレイの噂は知っているようですが、我関せずの態度ですね。にしましても、主人公同士の会話は見ていてワクワクします……!


 アーサーは「帝国の主流ではない考え方の人」という印象を受けたようですね。そんなタリアさんに仲間に加入してほしいのですが、無理なようで……。何度も伺いましたが、再び話す機会はなく。非常に残念です。



 紋章焼きの中に、シグフレイの姿を見つけたバルマンテら。しかし、シグフレイは消えてしまいます。なので早速、タリアさんの工房へ向かいました!

 そこで、タリアさんがシグフレイと決めつける選択肢が現れました。が、彼女でないことは分かっています!なので別の場所を探すことになるのですが、あの選択肢を選んでいたらどうなっていたのでしょうか……?


 シュートという街に入りますと、テルミナの領主にシグフレイが乗り移っていたことが判明! シグフレイは、冥魔の力を操るためにこの計画を進めていたようです。

 なので、シグフレイを処刑します。そんな彼は「多数の民衆が為したことは、すなわち正義」と言い切りました。そして、再び蘇るとも。蘇生した瞬間にデス唱えたい



 処刑した途端、海に禍々しさ抜群の冥魔が現れました!と思いきや、消したはずの紋章焼きも再出現!どうやら、冥魔の周囲で燃える5本の柱と、5箇所の紋章焼きが連動しているようですね。

 まずは、5本の柱を消失させるため、紋章焼きを回りつつ戦います。が、5戦もするのは面倒です。なので私は、3か所だけ消してから、海の冥魔に戦いを挑みました!

ボス:ダークイフリート


 ……既視感。 この冥魔は、ダークイフリートだそうです。明らかに不利な場所(海)で戦うのは何故かと疑問に思いつつも、戦闘へ。

 まずは、周囲の雑魚敵を一掃します。これはダークイフリートの「食べる」によるHP回復を防ぐためです。アーサーは「毒霧」、バルマンテは「かぶと割り」でダメージを与えましょう。

 ここで、テルミナ州からケイ州へ強制送還されます。その前にもう一度、テルミナ州のタリアさんに工房へ寄りたかったですが、叶わず無念……! 次回は、ヌマディカ辺境州へ向かいます。

←次回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記16「バルマンテ編 3」
→前回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記14「バルマンテ編 1」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。