『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記17「バルマンテ編 4」




※ネタバレがあります。
※スクリーンショットの著作権は、「©2016 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved」です。

 ヌマディカ辺境州を終えて、100日も経たないある日。再びシグフレイの噂が流れました。どうやら、ハイバーニア州で悪事を働いているそうです。これで4回蘇生しました。この事件を解決したとしても、残り3回……(遠い目)。

寄り道:グラディオン州


 7度蘇るとの宣言通り、シグフレイは生き返りました。アーサーによりますと、今はハイバーニア州にいるそうです。


 途中のグラディオン州では、再び赤ちゃんが登場! しかし、正解は相変わらず分からず……。タリア編ではテスティカに預けましたが、今回はビフキマリガンへ委ねることに。はたして、母親はいずこに……?


 にしましても、バルマンテの赤ちゃんを抱く姿は様になっていますね。しっかり抱え込んでいるせいか「俺の赤ちゃん!!」という雰囲気を醸し出しています。笑

 そして、バルマンテが赤ちゃんを抱えながらフィールドを歩く姿は必見です!! 走るときは「膝を上げすぎ!」とツッコミを入れたくなるほど、笑ってしまいました。。立ち止まっている時は赤ちゃんをあやしているので、バルマンテの母性の一面を見られます。


シグフレイ編:ハイバーニア州


 パトリシアがくれた情報では、ハイバーニア州は四将軍グウィネズ家の支配地とのこと。しかし、本家は力を失い、今は3つの分家が実質的な支配を行っています。


 分家の一つ・マクリルカリ要塞へ行きますと、シグフレイが来たことがわかります。分家のケオブラン、フォモーワへの先制攻撃を説いたようで、マクリルカリ要塞司令も「良くできた計画」と頷いていました。

 シグフレイは、分家同士で争いを起こそうとしているようですね。しかし、その先にある目的はわからないため、グウィネズ本家が住まう静寂の杜へ行くことに。


 グウィネズ本家の当主に聞くも、シグフレイは来ていないと嘘を吐かれました。ですが、娘のエリセドが事実を話してくれます。当主はシグフレイに協力しており、静寂の杜で大精霊の召喚を行うことが目的だということを。

 その後、エリセドが仲間に加入してくれました! 知力が高く、術「召雷」が特に秀でているため、ぜひ主力メンバーに入れましょう。


 ケオブランとフォモーワでも、シグフレイが訪れたようです。マクリルカリ要塞と同じく、分家同士を争わせようとしてるようですね。


 その後、分家が所有する鉱山(3箇所)で戦闘し、各分家に報告しなければなりません。何処でも鉱員が「何者かに襲撃された」と話しますが、各々は分家の仕業だと考えます。


 グウィネズ家の本家へ行きますと、当主はまだ知らないフリをします。そこでエリセドが説得することに。当主は弟を失ってから、ずっと落胆していたようですね。しかし、娘の言葉にも聞く耳を持たず……。


 大精霊の召喚はどこで行うのか。そう考えた時に、テアナヴァッハの廃墟を使うのではという提案が浮かびました。そこで一行は、北の廃墟へ向かいます。


 エリセドの予想通り、そこにはシグフレイがいました。なので、早速処刑します。しかし……。

ボス:木の大精霊


 シグフレイの血に汚された、大精霊が召喚されました。ここで、大精霊との戦闘へ。

 アーサーは「毒霧」、バルマンテは「かぶと割り」or「ハイパーハンマー」、エリセドは「茨の呪縛」を使い、ダメージを与えていきましょう。


 その後、エリセドはずっとついてきてくれることに。すると遊び人アーサーが、案内役を買って出ました……。しかし、彼女には婚約者(ウルピナの兄)がいます。アーサー残念!笑


 ここでは、五行武器(木)の『古のエメラルドアクス』を入手できました! なので早速、バルマンテに装備しましたよ。すると、攻撃力が格段に上がりました!

 次回は、シグフレイ編を中断し、緋の欠片編へ突入します。バルマンテ編では、あの玄蟲と戦えるのでしょうか……?

←次回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記18「バルマンテ編 5」
→前回 『サガ スカーレット グレイス』攻略プレイ日記16「バルマンテ編 3」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。