ゼノブレイド2 感想日記10「先輩ドライバー・ヴァンダム」




※ネタバレがあります。

サーペント

材料を集めて、
逃げた巨神獣を造船所に戻して
いざ出発!!

世界樹の周囲は雲海が途切れているため、
どのように渡ろうか模索していたら
巨大な蛇がぬわっと現れたんです!!

ホムラいわく、
こやつの名前はサーペントだそう。
ポケモンのアーボックっぽい

かつてはホムラと親しかったようですが、
今は彼女の声すら届かず…。

その後、インヴィディア烈王国の
巨神獣に呑み込まれる破目に…!

呑み込まれた先は…

薄暗い場所に着いた一行は、
街へ出るために出口を見つけることに。

そこで、ハナが人魂らしきものを見たようで
ニアが怖がっていたんです。

そんなニアをからかうレックスですが、
消えたホムラを捜していたところ…

呼びましたぁ?

こんな演出で腰を抜かしたレックスに
ニアがにやにやしていました。

にしてもホムラよ、
明らかに狙ってましたな。

VS ヴァンダム

行く手を遮るのは、
リーゼントおじさんヴァンダムと
その一味でした。

後ろにいる鳥人間の
たわわっぽい何かに目がいきますが、
それどころではありませぬ!

ヴァンダムはホムラの力を試すべく、
戦闘をしかけてきたんです!

先輩ドライバーとして

後先考えずにアーツを放ちまくるレックスに、
ヴァンダムはアドバイスしました。

アルスト最強のブレイド
と呼ばれるホムラといえど、
力に限界はあるのですね…。
それよりもこのホムラがちと、ひわ(ry

傭兵団のヴァンダムは
最初から本気で戦ってはいなかったものの、
楽しませてもらった礼として
ご飯を奢ってくれるそう。

よし、他人のお金ということなら
気にせずにモリモリ食べますぞおお!!

傭兵の村・フレースヴェルグ

今まで、レックスは戦に嫌悪感を示してました。

そこでヴァンダムは、
この世界は戦で満ちており
その中で誰かと関係を持つ以上、
戦に荷担していることになると説きました。

生きることの残酷さから
大切な人々を守るため、
ヴァンダムは傭兵団を作ったそうです。

様々な人から狙われるホムラを守る限り、
常に戦がレックスについて回ることを
教えてくれました。

しかしレックスは、
自身が戦に荷担していると
思いたくないようで…。

ヴァンダムのブレイド・スザク

ここでようやく、
ヴァンダムのブレイドが
スザクであることが発覚しました!!

よく見たら、たわわっぽいものが
たわわでないことが分かるので
膝を着きたくなりますが、
ちょっと嬉しいですぞ!

セイリュウ(巨神獣)とビャッコ(ブレイド)
スザク(ブレイド)が現れたので、
残るは玄武のみですな!

どこで名前が登場するのか
楽しみです…!!

私の予想では、きっと
イケメンなブレイドだと思いますぞ!

大噴気孔の調査

大噴気孔付近に、
異常な力の反応があるので
調査しなければなりません。

ヴァンダムに手伝うかどうか聞かれたものの、
私に選択肢などありませぬ…。

レックスが「手間賃くれるならやる」
と言いだしたので、
一緒に向かうことになりました。

エーテル瘴気

大噴気孔へ進む途中で、
エーテル瘴気が道を塞いでいたんです!

これは巨神獣の身体から漏れ出る毒素…
つまり老廃物なのです。

デトックスせねばなので、
温泉に浸からせたり、
白湯を飲ませたりしたいのは山々ですが、
ここは攻撃という荒療治で打ち消すことに…!

VS バーサク・アルドン

バーサクというほど狂っておらず、
むしろ大人しいほうに分類するアルドン。

ここではヴァンダムの指導により、
レックスのアンカーショットに
ダウン効果がついたのです!

ブレイク状態の敵に
アンカーショットを撃つことで、
敵をダウンできるのだとか!

なので、アルドンを何回もすっ転ばせて
ダウンさせましたぞ!
こりゃ楽ですな。

ただ、いたいけな動物を何度も転ばしたので
もし動物愛護団体からクレームが来たら
ヴァンダムのせいにしておこうっと…。

ドライバーの役目

先輩ドライバーのヴァンダムは、
ドライバーの役目を教えてくれました。

それは、アーツを駆使して
ブレイドを守るということ。

アーツはブレイドの力だけでなく、
自分または相手の力を駆使したものも
存在するんです。

なのでブレイドに頼り切らず、
無駄遣いせずに確実にアーツを決めて守れたら
一人前のドライバーらしいです。

←次回 ゼノブレイド2 感想日記11「ホムラの太ももトライアングル」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記9「これが開発さんのやり方かぁぁぁぁ!!!」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。