ゼノブレイド2 感想日記14「ヒカリと悲劇と公開告白」




※ネタバレがあります。

 VS メツ ヨシツネ

実は、メツも天の聖杯だったんです!

そんなメツはホムラと同じくブレイドで、
俺はシンのために存在している
と叫んでいました。

これは番組「学校へ行こう!」に
負けないくらいの公開告白ですな!
薄い本が出そうな予感

ホムラが劣勢に立たされたその時、
レックスたちが合流し、そのまま戦闘へ!

イオンはヴァンダムに任せ、
ニア、トラ、レックスの3人で戦いました!

しかしメツがブレイドならば、
彼の背後に立っているのはいったい…?

ブレイドがブレイドと繋がることが
できるのかもしれませぬが、
その理屈が知りたいですぞ、開発さんよ。


イーラの目的

組織イーラの目的は、
すべての人間を殲滅すること。

そしてメツたちは、
全ての人間を消し去るために
この世界に降誕したと考えているようです。

「神(オヤジ)もそう望んでいる」
とメツが断言しますが、
ホムラは違うと拒みました。

神は天の聖杯にとって
父親のような存在なのですな。

ブレイド=コアクリスタルなので、
コアクリスタルを生んだということは
神も巨神獣なのかもしれません。

ヴァンダムの勇姿

ヨシツネがエーテルの流れを操った結果、
ブレイドが武器にエネルギーを送れず
一行は絶望的な状況に…!

その時、武器に残ったエネルギーを
直接体内に取り込むため、ヴァンダムは
自分の武器を体に刺したんです!!

何してるのおおおお!と思いつつも、
それでは武器が動かせないので
意味ないんじゃ…。

なんて考えていましたら、案の定
メツにやられていくヴァンダムは、
必死に叫びました。

「生きて、生き延びて楽園にいくんだ」

お前の戦を、戦え…

ヴァンダムが亡くなり、
彼のブレイド・スザクも
コアクリスタルに戻りました…。

レックスは悲しみに耐えきれず、
メツに斬りかかるも
容易く跳ねのけられる始末。

ニアやトラも動けず、
メツがレックスに向かって
剣を振り下ろそうとしたその時…

真の天の聖杯の力・ヒカリ

何かが覚醒したんです!!

これって、ゼノブレイドシリーズでは
お馴染みの機神でしょうか!?

この演出は既視感があるのですが、
もしやヴァリマールか!!違う

金髪美少女はヒカリと言い、
ホムラはこの子が作り出した
もう一つの人格だと教えてくれました。

そんな彼女は圧倒的な力を持ち、
エーテルの流れも関係なく、
空から雷を雨の如く打ち落としていきます。
ピカチュウも真っ青

その結果、
遺跡が半壊するという事態に…。
怒らせたら怖いタイプの女の子

今度はヒカリと共に
2回戦目に突入するのですが、
サクっと終わってしまいました。

その結果、
ヨシツネのブレイド・カムイが
コアクリスタルに戻りました!

ブレイドはどんな傷も再生するはずなので
ドライバーが死なない限り
生き続けるはずでは…?

なんて思いましたが、
ヒカリはアルスト最強のブレイドなので
何があっても不思議じゃありませぬ。

にしましても、
ヨシツネのこの驚き顔が怖いですぞ。
ホラー映画に出てきそう

ですがコアクリスタルが壊れない限り、
ブレイドは再び同調できるので、
また現れそうですな…。

メツとヨシツネが撤退し、
ひと段落がつきましたが…。

失ったものが
あまりにも大きすぎましたね。

その場に倒れたホムラより、
ヴァンダムで頭がいっぱいのレックスは
延々と涙を流していました。
ザオリクかアレイズで生き返らせたい

←次回 ゼノブレイド2 感想日記15「ヒカリとメツによる500年前の戦」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記13「英雄アデルとエンジェウーモン」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • 薄い本と言えば…以前ネットにドラえもん最終話て漫画が落ちて(?)て、マジ泣きしたんですよな(・・;)
    公式と言っても誰も疑わないレベルの絵に、本当に最終回と言っても誰も疑わないほど感動的な終わり方、よほどドラえもんが好きじゃないと描けないような薄い本でした。検索オススメです

    ゲームって、絵が綺麗になったり表現力が上がると復活の魔法てやつはけっこうストーリーに疑問を投げかけますよね^^;
    表現力が乏しかった頃だったから許されていたような…だから死亡じゃなく『気絶』『戦闘不能』て表現を思いついたゲームはたいしたもんですが、その元祖がSaGa2秘宝伝説….と言いたいところなんですが意外にもファミコンのRPG【ドラえもんギガゾンビの逆襲】だった気がします^^;
    ゲームバランスの若干のキツさと戦闘テンポがあんまり良くない以外は昔のキャラゲーにしてはまともな部類のRPGでした

    偶然にもドラえもんネタ2連発のコメになってしまいました(笑)

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    なんと、ドラえもんの最終話ですか!それは非公式でも気になります…!( ´ ▽ ` )ドラえもん愛が伝わるならばなおさら、見たくなります!

    そうなんです!設定も何も説明されず、急に復活されますと「開発の都合で生き返らせました」と感じてしまい、物語に感情移入していても萎えてしまいます。。

    なんと、そこもドラえもんだったとは!!そのようなバランスでしたら、もし遊んだとしてもきっと詰んだと思います(;ω;)

    すごいです!ドラえもんのネタ2連発、ありがとうございます!( ´ ▽ ` )笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。