ゼノブレイド2 感想日記15「ヒカリとメツによる500年前の戦」




※ネタバレがあります。

500年前の戦

場面は変わり、500年前へ。

世界を破滅させようとするメツを、
ヒカリたちが止めるべく戦いました。

巨神獣が沈むほどの大規模な戦争で
多くの人々が逃げ惑う中、
なす術なくお亡くなりになりました…。

レックスの誓い

傭兵のルールに従い、
亡くなった場所にお墓を作ることに。

しかし、地面が硬そうに見えるので
遺体は埋まらないのでは…
と心配になりますぞ。

レックスは、ヴァンダムのお墓の前で
ホムラたちを守るために戦うことを
宣誓しました。

そこに気絶していたホムラが現れ、
仮面ライダーみたくヒカリに変身したんです。

レックスのせいで目覚めた!起きたくなかった!

とヒカリが訴えますが、
この状況をよく見てくだされ。

ヴァンダムの死を
弔っている最中なので
空気を読んでほしいですぞ。。

しかしホムラいわく、
レックスを守るためにヒカリは、
自身に施した封印を解いたようです。

とてもツンツンしていますが、
ヒカリもドライバー思いなのですな。

500年前の出来事

500年前、世界樹へ渡り
楽園に辿り着いた男がいました。

けれど、神に会えませんでした。

そこで、神の座にあった
2つのコアクリスタルを持ち去り、
1つ(メツ)を同調させたのです。
まさかの窃盗罪

メツは当然の如く、
人々を滅するためにその力を振るいました。

その結果、世界は混乱に陥ったのです。

そこでアデルは、
もう一つのコアクリスタル・ヒカリと
同調し、抵抗軍と共に戦ったのです。

その結果、ヒカリたちが勝利しましたが
その代償として、3体の巨神獣や
大勢の人々が亡くなりました…。

こんな大きい機神が
やたらめったら動き回ったら、
小国はあっという間に壊滅しますよね。

じっちゃんとホムラが、
過去の出来事を詳しく教えてくれました。

…が、シンが出てきていないのですよ。

ホムラやじっちゃんは
シンを知っていたので、
500年前からの因縁があるはずですが…。

もしやアデル=シンなのか、
世界樹を登った男がシンなのかもしれません!

ホムラが謝る理由

何かあるたびに、
ホムラは謝る癖があります。

それは、ヒカリの強大な力を
恐れているからなんです。

レックスは、
その力は皆を守る力だ
と諭し、ホムラを励ましました。

マンイーター・ミノチ

人の細胞と融合を果たしたブレイドは
マンイーターと呼ばれます。

ミノチもその一人で、
その単語にニアが反応していました。

もしや、ニアも
マンイーターなのでしょうか?

ミノチは、
自分のドライバーが使っていた武器を渡し、
彼が世界樹に渡る方法を知っている
と教えてくれました。

つまり、ミノチのドライバーは
かつて世界樹を渡ったのですな。

レックスの希望により、
今度はヴァンダムの物語を書く
とミノチが約束してくれました。

ミノチは、劇場で座長兼脚本家として
働いているんです。

それに、500年以上長生きしてますし
ヴァンダムとはあちこち戦場を駆ける
仲でしたからね。

ですが、個人的には物語を書くよりも、
レアブレイドを生み出す方法や
最強武器・アクセサリーの場所を

教えて欲しいですぞ!
500年も生きていれば知ってそう

謎の人物

神聖な場所に佇む人物が
祈りを捧げているように見えます。

何の説明もなされないのですが、
この人がミノチのドライバーでしょうか?
あだ名はきっとエリマキトカゲ

壁には、世界樹を思わせる
絵が描かれていますし、
法王庁のお偉いさんなのかもしれません。

←次回 ゼノブレイド2 感想日記16「ぱふぱふ萌えキュン傷害事件」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記14「ヒカリと悲劇と公開告白」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。