ゼノブレイド2 感想日記23「FF15より安心な首脳会談」




※ネタバレがあります。

VS アーシュマ・コア、パワーライン

動きを止めようとしたものの、
巨大なロボットが稼働し始めたので、
ちゃちゃっとやっつけました!

パワーラインを倒せばいいのですが
これがなかなか難しいのですよね。

アーシュマ・コアが
はちゃめちゃな攻撃を仕掛けてくるうえ、
ダメージを与えると自分の体力が減るという
謎仕様により、苦戦させられました…!


VS シン

すると、ロボットから操作者…
シンが現れたんです!シューインか

彼もブレイドで
もともと味方だったのに敵側に回ったのは
ヒカリのせいでもあるとのこと。

また、ファンが過去を知らずに
マルベーニ聖下を呼ぶなんて
憐れだ
と言われました…。

しかしシンよ、
好きな女の子を凍らせて
保存しておくのもなかなか憐れですぞ。

ファンの死

仮面をとったシンがイケメンすぎる!!
と見惚れていましたら、
ファンが亡くなってしまったんです…!

それに、赤いコアクリスタルなんて
見たことありません。

まるで血の色ですな…。

ファンを刺した時、
シンの脳裏に浮かんだのはラウラでした。

ファンとラウラは、双子かっ!
と突っ込みたくなるくらい、
顔が似ていますもんね。

こうして見ますと、
女性向け恋愛ゲームのスチルに
ありそうな絵面ですな。
主人公の死別ルート

VS アーシュマ・コア

その後、シンは病からかふらついてしまい
ヨシツネによって
無理やり帰還させられる羽目に!

そして、パワーラインは断ったはずなのに
なぜか動き始めたアーシュマ・コア…。

ブレイドの武器と同じく、
本体に余っているエネルギーを
駆使して動いているんですね。
つまり放置しておけば動かなくなるのでは

シンの望み

これは昔のお話です。

ラウラがコアクリスタルに同調したら、
ブレイドのシンが現れました。

しかし彼女の父は、
金目の物に触ったとして
ラウラに暴行したんです…!

母親の制止も虚しく
虐められるラウラを守るために、
シンが父親を斬り捨てました!

父親の死に気づかず怯えるラウラに、
シンは一言告げたんです。

君のことは俺が守る

ぐおおおおお!!!
一人称視点萌えますぞ!!!

そして、この声は櫻井さんですかね?!!
つまり私の嫁のココさん

こりゃたまらんですよ、
開発さんに感謝です!!

久々に恋愛ゲームを遊びたくなりました!

ああ、ゼノブレイド2が恋愛ゲームなら
真っ先にシンを攻略したいいいい!!!

…かなり話題が逸れましたが、
イーラのシン大好き人間を忘れてました。

メツはシンを大事に思っており、
シンの望みを叶えてやる!
とまで言いだしたんです。
貴様はアラジンのジーニーか

シンが人間を滅したいと思う理由は
ブレイドと人間の在り方に原因がありました。

記憶は蓄積され、やがて人を
生物を変化させるけれども、
ブレイドは記憶を継ぐことができません。

しかし人間は、集団・文化として
記憶が受け継がれ進化していきます。

また、法王庁がブレイドの誕生を
管理することにより、ブレイドが集団化できず
進化することを阻んでいると考えていました。

…なので、人に軛をかせられる現状に、
そして神様にも怒っているんですね。

イーラの目的

シンの目的は、
イーラの目的でもあります。

それが、全ての人間を滅すること、
そして神を亡き者にすることだと

明らかになりました。

よくもそんな大それたことを考えますな。

緊急首脳会談

絶対中立という立場の法王庁が
帝国と王国に停戦を求めて、
緊急首脳会談を開催しました。

どちらの土地とも言えない
テンペランティアで、
帝国が巨神獣の開発を行っていたこと
そして王国へ侵攻しようとしたため、
法王庁で開かれたんです。

そこで法王庁が、王国に弁明しました。
侵攻は、イーラの仕業であることを。

500年前に消えたはずのメツが
今も行動している証として、
天の聖杯であるヒカリも参加しました。

その結果、王国側は渋々
受け入れることになりましたが、
帝国側は出来る限りの
対応を行うと約束したんです。

首脳会談といえば、
選択肢で選び、首相と交渉した
FF15を思い出しますな…。
リアルなら絶交になるほどの地獄絵図

ファンが消えない理由

ブレイドは、
ドライバーの死でコアクリスタルに戻り、
コアクリスタルが破壊したら消滅します。

しかし、ファンはそのどちらでもないんです。

姿形が保たれたまま
息を引き取るブレイドは
マンイーターだと考えられますが、
ファンはマンイーターではありません。

ヒカリいわく、
ホムラとレックスのように
ファンからコアクリスタルを
分け与えられた人間がいるからではないか
とのことですが…。聖下め

←次回 ゼノブレイド2 感想日記24「お代はジークにツケでお願いします」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記22「甘酸っぱい三角関係」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。