ゼノブレイド2 感想日記24「お代はジークにツケでお願いします」




※ネタバレがあります。

世界樹への行き方

どこでもドアがあれば
ササッと行けるのですが、
そんな便利な物は残念ながらないんです。

そこで、聖下から教えてもらった方法が
サーペントを神聖なる鎖で止める
というものでした。

世界樹と雲海の間にできた空洞は、
ルクスリア王国によって甦らされた
サーペントが創り出したものなんです。

サーペントはヒカリのしもべでしたが、
今はルクスリア王国が神聖なる鎖を使い
世界樹に誰も近づけないように
指示をだしているのだそう。

そこで、ルクスリアへ法王庁の特使として
ジークの故郷に行くことに。

ジークはルクスリア王国の第一王子なので
あっさりと手に入りそうなものですが、
王様との関係は好ましくないようで…。

聖下からは、メツたちよりも先に
楽園に辿り着いてほしいと頼まれました。

メツが楽園に着くと、
500年前の聖杯大戦で負った傷が癒えて
本来の力を取り戻しちゃうからですね…。

ルクスリア人

500年前に、イーラという国がありました。

ルクスリア人は、
イーラの滅亡から逃れた
英雄アデルの末裔なのだそう。

つまり、500年前に
ホムラが眠りについてから、
アデルはルクスリア王国に向かったのです。

ちなみに、シンやサタヒコは
亡国・イーラのブレイドでした。

彼らが組織名としてイーラを名乗っているのは
亡き故郷への忠誠からかもしれません。

カスミと同調したのは

ファン…つまりカスミは、
聖下と同調していました。

聖下いわく、イーラに何度も襲撃されたため
やむなくカスミと同調したそうです。

カスミの力は、ブレイドと
巨神獣の力を抑制できるからですね。

しかし、それなら多くのブレイドと
同調すればいいのに、なぜそうしないのか。

それは、自身が戦士ではなく、
法王庁の僧兵が強くて頼りになるから、
必要なかったとのことでした。
最初から僧兵に頼ればいいのでは

インヴィディア王国の怒りを抑える策

今度は、法王庁が介さない
首脳会談を行います。

またか!と突っ込みたくなりますが、
王国が仲の悪い法王庁の指示に従った
と思わせたくないというメンツを守るために
開催されるんです。

そこで帝国は、今回の非礼…
テンペランティアでの極秘開発を詫びるため
グーラの分割統治を提案することに!

バーン会長の悪事

では早速、ルクスリアへ出発!!

と意気込んでいたら、メレフから
バーン元会長が首脳会談を狙っている
という情報が入りました。

またお騒がせなあやつですか…。
モンスターペアレントならぬモンスターノポン

アヴァリティア商会が絡む案件なので
秘密裏に行動するためにも、
レックスたちが協力することに。

メレフはショタネフェル皇帝の警護に、
レックスらはバーンの居場所を突き止めるため
まずは情報収集に向かいます!

名探偵レックス

ひとしきり情報を集めますと、
バーンがどのような行動に出るのか
推理する展開になりました…。
名探偵コナ◯を召喚したい

そこで、スペルビアの巨神獣戦艦の会談で
晩餐会の食事に毒を盛り込んで
命を奪う計画だと突き止めました!

VS ターキン

推測通り、バーン会長の手下でお馴染みの
ターキンが料理を作っていました!!

どれも見た目は美味しそうですが、
よだれを垂らしてる場合ではないので
サクッと倒しましたぞ!!

しかし…

料理集団「火龍団」

レックスたちが倒したのは、
世界に冠たる料理集団「火龍団」でした。
龍の要素が見当たらないけれども

またまた〜、嘘でしょー!と思いつつ、
ジークが料理を食べると、
とっても美味しそうに食べておりました…。

その後、火龍団を手配した
ノポン族に弁償しろと怒られましたぞ…。
ジークにツケでお願いします

ですが、格納庫で爆発が起きたので
そそくさと逃げちゃいました。

←次回 ゼノブレイド2 感想日記25「ホムラ、歩くストーブになる」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記23「FF15より安心な首脳会談」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。