ゼノブレイド2 感想日記34「メツ×シンと薄い本の予感」




※ネタバレがあります。

巨神獣を守れ!

マルベーニに操られた巨神獣達は、
マルサネスを倒すために
エーテルエネルギーを放出します。

けれど、エーテルエネルギーは
巨神獣にとって血液みたいなものなので、
このままでは大量出血で
巨神獣がお亡くなりに…!

レックスたちは巨神獣を救うために
マルベーニの能力を増幅する
支柱をバンバン壊しました!

マルベーニの支配から
巨神獣たちを救ったものの、
マルベーニの攻撃にやられたサタヒコは
マルサネスと共に雲海へ沈む羽目に…。

この世界が、人間が嫌いだった
サタヒコですが、好きな人がいたんです。

ラウラやシンを中心に、
500年前を共に過ごしたアデル達が
サタヒコにとって大切な人ですね。

自分の最期に「シンを頼む」と言い残すなんて
シンがよほど大切だったことが
よくわかります…。

500年前、ブレイドイーターの
実験台にされたサタヒコは、
世界の混乱に乗じた略奪により
焼かれた場所にいました。

と言いつつも、マルベーニが
実験の口封じとして難民を処分した結果、
村を焼いたのでしょうな。

そこでラウラとシンに発見されたことから、
サタヒコは2人と共に過ごすことに。

つまり、サタヒコにとっては
父親や母親みたいなものなんでしょう。


第六世代のゲヴァルト

ということで世界樹を登り始めましたが、
道中にででーん!と立ち塞がる
ユニークモンスターが強すぎるのです!

特にこのでかぶつが厄介で、
避けようとしても必ず戦闘になりますし
エレベーターを起動したくても
戦闘中は操作できず、
ぐぬぬ…!という状態でした。

ジークは、ブレイドイーターの手術により
マルベーニに命を救ってもらいました。

数々の非道な行為を見せたマルベーニですが
人としての優しさは残っていました。

マルベーニがジークを助けたのは、
幼少期の自分が母親を背負って逃げる姿と、
サイカがジークを背負って彷徨う姿が
重なったからなのだそう。

というわけで、ジークにとっては
命の恩人なんです。

マルベーニが哀しい目を見せたこともあり、
なんでこんな事をしたのかと、
悲しんでいました…。

シンは自身の終着点を悟り、留まって
レックスたちを待つことに決めました。

メツと一緒に行くと約束したけれど
ラウラとの約束を優先したんですね。

ということで、熱い抱擁を交わす二人。
薄い本が出そうな予感

ラウラとの約束「ラウラを忘れない」
を果たすために残るのならば、
「レックス達を倒して生き続けよう」
と考えているのかもですな…。

あるいは…。

かつてシンは、オルネラという
女性のブレイドでした。

当時の彼は、ブレイドの存在意義について
疑問に思っていたようで、
日記に綴っていたんです。

我が伴侶との絆をこの身に刻む方法を遺そうと思う

その日記に掲載していたのは
マンイーターになる方法でした。

…ちょ、伴侶って!!

当時のシンは、オルネラと
夫婦だったってことですね?!
ということはバツイチか

VS シン

世界に意志があるならメツかレックスたち、
どちらを選ぶのか興味があるシン。
だったら放置して先に行かせてくだされ

ラウラとの約束を守りたいと思いつつも、
レックスには「消えて無くなりたい
という気持ちが見抜かれていました。

そんなシンは、
元々備わっていた絶対零度の能力に加え
マンイーター化してから、
光速での移動という能力を得ました。

しかし、その能力の代償として
ラウラの心臓がシンの肉体に合わず、
拒絶反応を起こしているんです…。

なので、長時間の行動ができず、
度々治療ポットに入っていたのですね。

人間は楽園をモルスのように
500年前のイーラのようにするだけだ

と断言するシン。

けれどレックスは、
そうならないためにシンたちがいる
と告げました。

「その思いや記憶は、別の誰かが必ず受け継いでくれる。前の自分を、別の誰かと一緒に受け継いで、新しい自分になって…」

これは、ヴァンダムと重なりますな。

ヴァンダムの思いや記憶は
レックス、傭兵団の皆、そして
新しく生まれ変わったスザクが
受け継いでいますからね。

←次回 ゼノブレイド2 感想日記35「マルベーニならぬイカベーニ」

→前回 ゼノブレイド2 感想日記33「怒ったイケメン、老ける」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • ご無沙汰してまして一気読みしました(笑)

    だんだんシリアスになっていくところをりーさんの横線消しが笑えますね相変わらず(笑)

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^^

    お久しぶりです!もしかしたら、どにゃさんに何かあったのでは…と心配しておりました!お元気そうで嬉しいです!(´ ▽ `)

    一気読み&笑って頂けてよかったです!^^ これからも横線消しでツッコみ続けますね!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。