【Switch】『ゼノブレイド2』評価・レビュー




はじめに

こんにちはっ、ご主人さまっミ☆

…とリアルで言ったら
変質者を見るような目をされた
りーさんです。

『ゼノブレイド2』をクリアしましたので、
レビューを綴らせていただきます!

長所、短所をざっと洗い出した後で、
以下について書きました!

  • グラフィック
  • サウンド
  • 快適さ
  • ストーリー
  • ボリューム

ネタバレはなるべく避けますが、
内容を知りたい!!という人は、
ゼノブレイド2の感想日記
を見て頂ければと思います。

みなさまの参考になれば幸いです!

ゼノブレイド2

良いところ

  • キャラクターの生き生きした表情
  • 大抵のゲームは、キャラの表情が
    決まっていると思うんです。

    例えば、普通、喜怒哀楽の5種類を作って
    使い回しするゲームもありますが
    ゼノブレイド2のキャラはこれに留まらず
    多彩な表情を見せてくれました。

    なので、キャラが生き生きしているように
    感じられて、見ていて飽きませんでした!

  • ハマる戦闘システム
  • 戦闘システムのチュートリアルが
    長いのでささっと飛ばしてましたが、
    とてつもなく後悔しています…!

    普通に戦闘していても最後まで遊べますが、
    「必殺技で属性玉を付加→チェインアタック」
    という流れを把握するだけで、
    戦闘の楽しさが段違いに変わるんです!

    これを利用して
    ボスをオーバーキルした時は
    より達成感が得られますよ!笑

  • 豊富な戦闘スタイル
  • ブレイドの数が多いですし、
    各々が覚えるスキルも異なるため、
    戦闘スタイルが多彩なんです。

    ブレイドを3体まで同行できるのですが、
    どれを同行させようかとても悩みました…!

    属性・スキル・役割を鑑みて
    自分好みの戦闘スタイルを確立する過程は
    十分に楽しめました!

  • ガシャ感覚で引き当てるレアブレイド
  • ソーシャルゲームによくあるガシャを
    ゲームでも楽しめます!

    キャラクターのステータス「イデア」の
    値により出現率が異なりますが、
    レアブレイドが当たった時は
    ガッツポーズを決めたくなります!笑

    何しろ普通のブレイドが当たる確率が
    とてつもなく大きいので…。

    運ゲーなのは賛否両論かと思いますが
    個人的にはこういうのがあっても良いですね。

  • イベントの作り込み
  • 高品質なムービーが多いので、
    お金をかけたことがよく窺えます。

    モーションは使い回しが目立つものの、
    カメラアングルは「開発さんGJ!」と
    心底褒めたくなるシーンが多かったですね!
    特にお色気シーン

    ただ、欲を言えば「キズナトーク」という
    ブレイドの信頼度をアップするイベントでも
    ムービーのような作り込みを
    目指して頂きたかったです。

悪いところ

  • イベントを見せ続けられる
  • イベントの作り込みは拍手ものですが、
    イベントが連続して再生されることで
    5分ほど操作できず、ただ見せ続けられる…
    なんてこともありました。

    イベントの数が多いのは良いことですが
    操作できない状態が長いこと続きますと、
    「早く動かしたいいいいいい!!!」
    とストレスが溜まっちゃうのです。。

  • フィールドスキルによる阻害
  • 本作を遊ぶ気を削がれたのは、
    フィールドスキルでした…。

    特定のフィールドスキルを持っていないと
    メインストーリーを進めないんです…!

    なので、条件に合う
    フィールドスキルを持つブレイドを探し、
    フィールドスキルのレベルを上げるという
    やりたくもない作業が発生するのですよ。

    作業感が強まるだけでなく、
    メインストーリーの進行を阻害するので
    これは無くても良かったですね。

  • クエストが怠い
  • メインストーリーに関わらないクエストは
    サクっと終わらせたい派なので、
    本作のクエストはただただ怠かったです…。

    と言いますのも、
    このような方式のクエストが多いのです。

    民「〇〇を持ってきて」

    私「持ってきたので報酬くだされ」

    民「〇〇を倒してきてくれたらあげる」

    私「最初から言ってくだされええええ!!」

    やるべきことが後から追加されるクエストは
    クエストへの達成意欲を削がれます…。

    それが終盤ならまだしも
    序盤からドンドン発生するので、
    クエストを積極的に行えませんでした。

  • 説明不足
  • チュートリアルは作り込まれておらず、
    説明をざーっと流すだけでした。

    せめて、説明に加えて
    体験させるようにしてくれれば
    良かったですね…。

    ですが、それだけではありません。

    一度チュートリアルを終えますと、
    その後は、情報屋でわざわざ購入しないと
    確認できないのです…!

    なので、戦闘システムを理解できたのが
    まさかの終盤でした…。

    チュートリアルは購入する形式でなく、
    いつでも確認できるよう
    配慮いただきたかったですね。

グラフィック

Switchなので
PS4と比べると画質は悪いです…。

特に携帯機モードで遊びますと、
それが顕著に現れます。

なので遊ぶなら、テレビに繋いで
プレイすることをお勧めしますよ!

テレビモードでは、携帯機モードに比べて
映り込む景色がより鮮明に描かれるため
ゼノブレイド2の広大な世界を
体感しやすかったです!

サウンド

前作に引き続き、高いクオリティでした!

『クロノ・トリガー』『ゼノギアス』
『FF15 エピソード イグニス』等の
音楽を手掛けた作曲家、
光田康典さんが携わっているので
どれも良かったです!!

キャラクターの心情を
しっかりと表現できていますし、
そういう意味でムービーのBGMにより
感情移入を促されました…!

快適さ

残念ながら、遊んでいて
「快適じゃあ!!」とは感じませんでした…。

携帯機モードですと、
キャラクターの動きがのっそりと遅く
30FPSだと感じられることも
ザラにあるんです。

「フィールドスキル」によって
メインストーリーを阻害されて
遊ぶ意欲を喪失しかけましたし、
次回作では、ぜひとも
改善をお願いしたいところですね。

ストーリー

熱血少年の成長物語」で
名の通り王道な展開でした。

名前や正体が分からない人物や、
専門用語が多かったので
若干の置いてけぼり感はありましたが、
エンディングは涙を流すほど
感情移入できましたよ。

ボリューム

ボリュームはたーっぷりあります!
ホムラのたわわもたっぷり堪能d(ry

全てをこなそうと思えば、
150時間は超えるでしょう。

ブレイド収集やクエスト制覇、
スキル修得にユニークモンスター討伐など
やることは沢山あります。

最後に

本作を進めるにあたって
ストレスを感じるところは少なからずあるので
サタヒコにグーパンしたくなりました。
サタヒコは良い人だけれども

ですが、終盤は前作の『ゼノブレイド』と
繋がりがあり、考察が楽しい作品でしたよ。

「ゼノ」シリーズのファンや
王道RPGが好きな人、
戦闘を楽しみたい!という層に
お勧めしたい作品なので、
気が向いたら遊んでみてくだされ~!

スポンサーリンク






8 件のコメント

  • こんばんはっ、ご主人さまっ!(笑)

    いや~….『早く動かしたい~!』な辺りでりーさんがガチなのわかりますわ…やはり見るより遊ぶほうが面白いですからねゲームは^^;
    何年か前によく使われた『まるで映画を観てるようなゲーム』、アレ、あんまり好きじゃないんですよね~。『映画の中に入ったようなゲーム』が良いですやはり(^^)

    今回のレビュー、概要と写真だけでもすごく面白そうでした(・・;)
    閃の続編も迫ってますし、また次のゲーム期待してます

  • どにゃさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    おお!どにゃさんのメイドは良いですね!!( ´ ▽ ` )笑 元気が出ます!w

    そうなんです!見る時間が長いと、フラストレーションが溜まります。。(;ω;)

    わかります!映画は映画館で観るのでゲームで再現しなくてもいいぞ〜、という感じです!笑 映画の中に入ったようなゲームがしたいですよね( ´ ▽ ` )

    読んでいただき感謝です!^ ^ そう言っていただけて嬉しいですし、また書こう!とやる気がみなぎります!( ´ ▽ ` ) 次のゲームは、ディアブロ3を載せたいと思います!閃の軌跡の続編が出ましたら、即行でプレイしますぞおお〜!!

  • こんにちは。
    プレイ記読んでいてとても楽しかったです!ぜひやりこみ的な部分で続きも読みたいです。

  • ディアブロってオンラインゲームでしたっけ?(・・;)

    今気づいたんですが、魂斗羅と悪魔城は語らせるとくどいですよ自分(笑)
    洋ゲーみたくなったここ数年のは知らないですがPS2くらいまでであれば(笑)

  • ✳︎︎さん(名前が正しく表示されず、申し訳ございません。。)

    コメントありがとうございます!^ ^

    そう言っていただき嬉しいです!( ´ ▽ ` )ありがとうございます!

    また、貴重なご意見をいただき感謝です!今はディアブロ3を遊んでいるのと、その他に気になるゲームがいくつかあるため、ゼノブレイド2のやり込みはいつかできたらしたいなと思います。。(;ω;)

  • どにゃさん

    ご返答ありがとうございます!^ ^

    ディアブロはオンラインでなく、ローカルで遊べるゲームです!( ´ ▽ ` )

    なるほど!魂斗羅はミニスーファミでしか遊んだことがないのですが、PS2でも出ていたとは…!

    どにゃさんは、長い時間を費やして遊ばれたのですね…!( ´ ▽ ` )私は酔って長時間遊べなかったので、すごいです!!

  • 魂斗羅はけっこう息の長いシリーズですよ(笑)
    スピリッツの演出力今でもすごいと思いますわ(T_T)
    派手な部分ももちろんですが、地味な部分でもラストステージで中ボス倒した後に音楽変わるんですがいつ変わったか気づかせないくらい見事に自然に音楽変わってるんです。映画ならこのシーンは何分とかであらかじめ自然に切り変わるタイミング作れるけどゲームでボス倒す時間なんてプレイヤー次第だから、ボス倒すまでループさせて倒してから自然に切り替わるとか、すごいですよ職人芸(T_T)

    てなくらいくどいです魂斗羅と悪魔城ドラキュラには(笑)

    ディアブロ、タイトルしか知らないので日記楽しみにしてますね(^^)

  • どにゃさん

    ご返答ありがとうございます!^ ^

    なるほど、かなり長いのですね…!

    おお、語られてますね!!( ´ ▽ ` )
    ラストステージまでは行ってないので、機会があれば頑張ろうと思います!^ ^ その時は、音楽の切り替え方に注目してみます!

    いつもありがとうございます!ディアブロ3は来週から掲載できるように、頑張りますね!( ´ ▽ ` )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。