ゼノギアス 感想日記12「愛の無責任男」

※ネタバレがあります。

大武会に出場しよう


アヴェの王都ブレイダブリクに来た一行。ここで、マルー救出作戦を立てることになります。まずは情報収集するため、市街地や広場などを散策しました。

そんな中、城門広場で知ったのが「大武会」です。人間同士が戦うのですが、兵士も含めて町中の人々が楽しみにしている大会とのこと。なのでフェイが参加し、大武会を盛り上げて兵士の注意を引き、その間にバルトが潜入するという作戦を考えてくれました。戦いたくないと言っていたのにドSなシタン


大会に出場するのですが、本名を名乗るわけにはいきません。そこでフェイの仮の名前を決めるのですが、町の人たちに応援してもらえるよう「愛の無責任男」にしました!ゴミを投げつけられる未来が見える


宿屋の紹介


まずは作戦会議を行える場所を確保しよう、というお話になりました。そこで町の入口で立つ人にオススメされたのが、こちらのホテルです。紹介したと言うと安くしてくれるそうなので「紹介してもらったんだが……」を選択。

すると「誰に紹介された?」と聞かれるのですが、適当な名前を選ぶと嘘つき呼ばわりされます…。「名前を知らない」を選びますと、40Gにまけてくれました!

また、修道女が話したいことがあると言い、男性3人を部屋に誘ってきました。なんて大胆な

救出作戦を立てよう


修道女はマルーの居場所を探るべく、酒場や兵士から情報収集していたそうです。そこで、マルーが天守閣に捕らわれていると知り、バルトたちに教えてくれました。

大武会を利用するのはいい案ですが、問題は城への潜入方法です。王子だから分かるだろうと期待していたのですが、期待は外れました…。そして、再び情報を集めることに。

お祭りを楽しもう


街はお祭り騒ぎでして、様々な催しを楽しめます。クロノトリガーの千年祭みたいな感じですね。

例えば、ビールを飲むと体重が増えるだけでなく、しばらくカメラがぐわんぐわん揺れるんです。画面酔い注意

そして、火の噴き方も教えてもらいました!「R2ボタンを押したまま○ボタンを押すのよ」とのことですが、VitaなのでR2ボタンが無い…!ゲームアーカイブスの致命点


ある人は、円盤に関するお話を聞かせてくれました。あれは偉大な古代人の国であり、彼らは星よりも遠くの神の国からやってきて、オレたちを創造したんだ、とのことです。


こちらが、その円盤です。フェイが砂漠で見たものですね。

どこからどこまでが本当のお話なのか分かりませんが、私は牧羊人が住む場所だと推測します。牧羊人は空に住んでいるそうなので…。

地下水道と井戸


屋台で売られていたおもちゃを購入したところ、1人の子供が羨ましそうに見つめていました。父親に「買わないからな」と言われていたのですが、どうしても欲しいそうです。

なのでおもちゃを渡したところ、なんと重要なお話を教えてくれましたよ!この街には地下水道があるようで、井戸から繋がっているとのこと!

そこで市街地に戻り、井戸の近くで座っているご老人に話しかけた後、井戸に潜ったことがあるという少年を探しました!その人から水道管理組合の会長を教えてもらったのですが…


少年に声を掛ける前に、話しかけたご老人が会長でした…!なぜ勿体ぶったの

バルトが城に潜入したいと伝えると、会長は喜んで快諾してくれました。会長は反シャーカーン派だそうで「あいつに一泡吹かせてやれ」と応援してくれましたよ。

←次回 ゼノギアス 感想日記13「噴水王子」

→前回 ゼノギアス 感想日記11「シタンの3分間クッキング」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ