ゼノギアス 感想日記26「犯人は貴様か」

※ネタバレがあります

大型空中戦艦・ゴリアテ


一件落着といったものの、未だにキスレブから抜けられない一同。ハマーとおさらばしてギアで逃げればいいのに

そこで一行は、帝都の新造大型空中戦艦・ゴリアテを奪い、脱出することに。

ゴリアテがある軍事施設は、切り立った山脈の向こうにあるらしいので、皆でそこへ向かいます。


総統に執着心があるゆえ、帝都に居座ることを考えていたリコ。しかし、騒ぎが沈静化するまでついてくるそうです。

ですが個人的には、総統を倒したいなら逆にこの騒ぎに乗ったほうがいいと思うけれど…。


久々に、キスレブの一般街区で出会ったビッグジョー。自分より強力なファンを持つ男

そんな彼が持ちかけた、チョーナイスガイな情報を「超長い椅子」と間違えるフェイには、つい笑ってしまいましたよ。

そのせいで肝心な情報を忘れました…。


生身でぺしゃんこ


軍事施設はやけに大きいんです。けれど、何も思わず生身で探索してたところ、大型の敵と遭遇してしまいました!

仲間でも、生身ですと一撃でお亡くなりになるんですね…。

ここの攻略は30分ほどでしたが、いちいち戦っていますと体力と燃料があっという間に底をつきます。なので、稀に出てくるキスレブ整備兵の気まぐれ回復を狙いつつ、チャージしながら奥へ進むことに。

VS への6号


万全じゃない状態で迎えたボス戦…。敵はへの6号です。名前の適当感がすごい

こやつが使うシフトアップが厄介で、パラメータをアップするんです。しかし、こちらには敵の防御力や攻撃力を下げる術がありません。

なのでひたすら攻撃です。体力を大幅に削りますと、への6号整備兵が4体もやってきますが、無視して本体を集中攻撃しましたよ。彼らを攻撃するとへの6号を回復させるので…。

帝都脱出


への6号を討伐し、ようやくゴリアテを入手できました!相変わらず万能なシタンの操縦により、無事に帝都を離脱できましたが…

VS グラーフ


ここで、ギアから降りたグラーフが現れました!

お前は今しばらくこの地に留まるのだ、行かせるわけにはいかぬ

ということで生身のグラーフVSギア3体での戦闘へ。

しかし生身なのに一撃でお亡くなりにならないどころか、ギア相手に1000超えのダメージを食らわせる始末…。

しかしグラーフはなぜ、留まらせたいのでしょうか。先に行かれると厄介なのか、それともキスレブはフェイの成長の場としてふさわしいのか…その魂胆が気になりますね。


シタンの操縦で一度は振り落としたものの、グラーフはターミネーターのごとく追いかけてきます。あえて彼らを接近させてハマーの砲撃を食らわし、ようやく突き放せました。アイルビーバック


一行は機内に戻りました。そこでフェイは、こんなことを思ったようです。

前にもこんなことがあったような気がするんだ

ということは、どこかでグラーフに襲われていたのかもしれません。砂漠での逢瀬ではなさそうですし…。

とにかく、これでしばらくは安全かと思いきや、機内に警鐘が鳴り響きました!どうやら、ゴリアテにミサイルが当たったので墜落するとのことでした。

シャーカーンやラムサスなど、思い当たる人物が多すぎる中、誰の仕業かと思いきや…


…まさかの思春期王子でした!!

ハッサムにやられたはずなのですが、シグルド共々に生きていたようです。それは良かったのですが…。

まあ、はたから見ればキスレブの戦艦ですからね。バルトは「みすみす行かすこたぁない」と決断し、バルトミサイルという兵器を撃ち込んだようですね。残念なネーミングセンス…

←次回 ゼノギアス 感想日記27「空前絶後のオオォォォォ!」

→前回 ゼノギアス 感想日記25「シーモア並みのしつこさ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ