ゼノギアス 感想日記31「首の骨のクセがすごい」




※ネタバレがあります

ビリーの過去


ビリーに話を聞くと、彼が仲間に加わりました!パーティ1番の美青年枠ですね!彼は銃を扱うそうですが、弾の装備の仕方を丁寧に教えてくれるんです。

「弾の装備は、方向キーの左右でメニューの装備画面のページが入れ替えられますのでそこで行なってください」

仕様について詳しいことから、明らかにプレイヤーの存在を意識してますね…!!これはMMOか


母親と3人で暮らしていたビリー兄妹。ある日、幽霊ウェルスの群れに襲われて母親を亡くしました。そこに現れたのがストーン司教で、ビリーらは辛くも助かります。

それがきっかけで、ビリーは聖職者になったようです。しかし、プリムはストーン司教を嫌っているようで、母親が亡くなった時から一言も話さなくなります。

よほどショックだったのでしょう…。

ウェルスは父親の場所を執拗に聞いたそうですが、母親は最後まで答えませんでした。そんな時に助けに来なかった父親のジェサイアを、ビリーは父親と思えないようで。何らかの事件があってジェサイアの人相と性格が変わってしまったことも、父親と思えない一因でした。

しかし、ビリーとは対照的で、プリムはジェサイアに懐いています。


兄妹2人きりになってから、プリムを養うためなら自分自身を売ろうとまでしていたようで。なんと、一晩で3000Gだそうです!美青年なのに3000円は安すぎる…

そんな話を聞いたバルトは「うちに来い!」と誘いました。自給自足だけど少なくとも寝食には困ってないから、と。3000G払うから来いって言ったのかと思った


本棚の奥に部屋があるので、どうすれば入れるかと試行錯誤していたんです。そうして無限ジャンプしていたところ、ビリーの頭の上に3人乗っちゃいました!!

しかし、3人(特に重そうなリコも)を乗せても楽々と歩くビリーさん。首の骨が折れてもよさそうですが、エトーンだからこそ成せる技なのでしょうか?いや仕様

彼の首の骨のクセがすごい…!


輸送船


メンバーはビリーを入れれば誰でも良いので、回復役のシタンと攻撃役のバルトを入れました。と思ったら、ビリーはシタンよりも優秀なヒーラーだったんです!!

それならシタンをエリィに変えたかったのですが、メンバーチェンジのやり方が分からず、先に進むことに…。

輸送船に向かったところ、案の定ウェルスに襲われていました。人っ子ひとりいないので、みんなやられてしまったのでしょう。

そして奥に行くと、見たことあるやつが突如現れました!!

VSブラッディ


キスレブの地下水道で戦った、レッドラムの色違いです!ということは、彼も元は人間だったのかもしれません。

なんと、2人がマーダラー(すべてのHPを奪い取る)によってお亡くなりに!戦闘不能を回復するアイテムがなかったので、シタンとの一騎打ちとなりました…。

これが思ったより長期戦になったのですが、バルトが残らなくてよかったですよ。彼は回復する技がなく、アイテム頼りの戦いになってしまうので…。

嫌な一言


ブラッディは亡くなる寸前に「アニキ、後は頼んだ」と不吉な一言を残しました。ということは、アニキとも戦うことになりそうですね!

連戦だった場合は2人がHP1で始まるので、涙目…ですが、そうじゃなくて良かったです!!

ビリーはアニキという言葉に反応し、何かを呼びました。すると孤児院の子供たちが懸命にシーソーを漕ぎ始め、地面から大型ギアを登場させましたよ!シーソーがまさかの開閉装置

なるほど、レンマーツォというギアを呼んだんですね。どうやらビリーのギアだそうです。

VS 巨大ウェルス


エーテル攻撃をすると、どんどん巨大化しちゃうウェルス。最終的には、ギアの何倍も大きくなりました!ギアがゴミのようだ

魚人のような姿をしたウェルスですが、巨大化すると防御力がダウンするので、通常攻撃が効くようになります。

特にビリーのエーテル拳銃が効くので、バシバシ使っちゃいました!

←次回 ゼノギアス 感想日記32「僕とひとつになろう」

→前回 ゼノギアス 感想日記30「進撃のドミニア」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。