ゼノギアス 感想日記40「18歳はおばさん」




※ネタバレがあります

バベルタワー、再び


バベルタワーに向かったのは、シタン、エリィ、フェイの3人です。

墜落しまくるという嫌な思い出が蘇るバベルタワーですが、今回は少しばかり歩くだけなので安心しました!

シタンが反射鏡を操作する中、フェイとエリィは操作室に侵入してくる敵を排除することに。そんな敵いるのかなと思いきや…


VS ドミニア ケルビナ


いました!!!

エレメンツの2人が登場し、2対2で戦うことに!ここはブースターをかけてパパッとやっつけてしまいました。思ったより楽だったので、一安心です!

にしましても、イルカのような機械を見ますと、ブレスオブファイア3のボス・関西イルカを思い出します…。

VS トロネ セラフィータ


碧玉要塞では、トロネとセラフィータがご来訪。ここではビリーがビーム砲を操るため、バルトとピカチュウで応戦しました!が、ピカチュウが弱くてバルト1人で戦っているような状態に。

それでも、何とか乗り切りましたよ!これで終わりだと喜んでいたら…


ビリー、痛恨のミス!!!

そこで再チャレンジすることになり、まったく望んでない2回戦目へ…。しかも、同じ敵です!

これは想定外でしたので、燃料切れでなす術なくゲームオーバー。そのため、バルトの相棒をピカチュウからゼプツェンに変えて、1回戦目からスタートしました!

2回戦目があると分かってるので、1回戦目はブースターなしで応戦し、2回戦目は全力で戦い無事に勝利!ビーム砲も成功しましたよ!3回戦目があったら泣いてた

ゲートはビーム砲に当たって破壊できたので、最後のゲートへ向かいます。

最後のゲート


最後のゲートは、サルガッソーポイントと呼ばれる場所にあるみたいです。何じゃそりゃ?と思いますが、タムズの艦長がそう呼んでました。

そこに辿り着くには、深海用の装備が必要なんです。またお金が無くなる…と嘆いていたら、イベント上で整備してもらえることに!タムズの太っ腹な対応には心底感謝です!!こうして、早速向かいました!

洞窟をどんどん奥へ進むのですが、逆流によって戻される場所もあり、歯を食いしばりつつボタン連打して何とか先へ進めました。RPGなのに、ところどころでアクションが求められるので一苦労です。バベルタワーの苦い思い出が蘇る

カレルレンとガゼルの法院


ゲートを破壊され、市民にも動揺が広がっているソラリス。そこで動揺を収めるために、天帝カインに演説させることに。しかし、カインの体に限界がきているようなので、ダミーを使うそうです。

カレルレンは、フェイらの中に母がいると考えているようで、母のペルソナは一定の年齢に達しないと現れないそうです。母・ペルソナと聞けば、フタバパレスのボスが蘇る

その人物は「対存在」の転生したものである可能性が高く、かつての対存在はニサン教の女…ソフィアであったようです。つまり、エリィが該当するんですね。

そこでカレルレンは、ゼボイムで連れ去った少女・エメラダを使うそうです。エメラダは、4000年前に接触者と対存在によって造られたのだそう。

VS クレスケンス


両腕がなく、翼が生えたギア・クレスケンス。クラス検査って言いそうになる

彼女はソラリスに洗脳されているようで、背後にはカレルレンの部下・ケンレンが監視していました。彼はデータを集めるためだけに来たようですね。

シタンはケンレンを知っており、ラムサスを差し置いて地上に来たことに、余程の事態だと推測してました。

キムの娘


戦闘後、ケンレンはその場を去っていきます。エメラダがフェイの娘だ、と言い残して。

ひとまず、クレスケンスごとユグドラシルに格納することに。


洗脳から解かれたエメラダは、フェイを見て喜んでました。ただし、フェイを「キムキムキムキムキム」と呼びながら。怖い

でも話し方が可愛いんですよね。「キムがつけてくれたんだよ!忘れちゃってんのぉ…」と寂しそうな台詞がたまりません!

ボイス有りで聞きたい欲望を必死に抑えつつ、会話を進めると、エリィは「この人が誰かに似てるの?」と問いました。

すると、エリィをおばさん扱いするエメラダに「も、もう一回、海の底に沈めてこようかしら」と怒るエリィ…!こうして修羅場が生まれるんですね

エリィは18歳の若い女の子なので、ショックを受けるのも無理はないかと…。

そんな様子を見つめるシタンは、エメラダに隠されていた情報がカレルレンに渡ったと考えていました。ナノマシンに関する情報だと思いますが、いったい何に使うのか…。

あかん!!


マリアが大切にしているギア・ゼプツェン。今は亡き父親・ニコラの心はゼプツェンと共にあると言っても過言ではありません。マリアは、パーティの中で誰よりもギアに思い入れがあるでしょう。

しかし、ユグドラシルのドックにいる整備士さんに話しかけたら…

ゼプツェンの名前、変えたいかい?

いやいやこれは酷いですぞ!!「大切な子供の名前を、実は他人がこっそり変えてました。てへっ」っていうくらい酷い!!

しかもマリアがいない時に聞いてきたので、余計にタチが悪いです…!マリア涙目

←次回 ゼノギアス 感想日記41「恋と嘘」

→前回 ゼノギアス 感想日記39「第39話 使徒、襲来」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。