ゼノギアス 感想日記42「肝心なものが見えないシャワーシーン」




※ネタバレがあります

エリィのシャワー


地下水道の先には、エリィの家(しかも豪邸)が!!!門から家までの距離が100歩ほどある時点で、年収1億円以上ありそうですね…!

今やお尋ね者のエリィですが、母親は優しく迎えてくれました!どうやら「エリィは行方不明になった」と聞いていたようです。とりあえずエリィの部屋に入ると、エリィがお風呂に入りたいと主張しました。仲間が捕らわれている状況でお風呂なんて肝っ玉すぎる

ソラリスでは、部屋に大きな筒があり、その中に入ってシャワーを浴びるようです。でも誰かが部屋に入ってきたら見られちゃうのが欠点ですね…!

着替えようとするエリィをじーっと見つめるフェイですが「いつまで見てるつもり?」と指摘されちゃいました。まあフェイは見えなくとも、プレイヤーの私なら見られるだろうと期待していたところ、筒の中は何もかもを消し去るほどの光に包まれてまったく見えないというオチでした…。涙目


フェイのシャワー


フェイのシャワー姿が欲しいという読者さんもいるかと思いますので、サービスショットを掲載しました。

筒の中でうーっすらと見えるのは、フェイの下半身です!背面ですし、あれはそこまで繊細に描かれてないはずなので問題ない問題ない

ですが個人的には、エリィもうっすら程度でいいから見たかったです!レーティングに関わるから、あんな描写にしたのでしょうか…。

バルトたちの行方


エリィの父親は、ソラリスでとっても偉い人なのだそう。ということは、OPムービーのおじさんは父親じゃないんですね。あの人は亡くなったと思われるので。

絶対に触るな」と言いつけられていた父親のパソコンですが、エリィはバレなきゃいいと触っちゃいます。

こうして、バルトたちの居所がダストシュートの先であることを突き止めましたが…


やはり父親にバレました!!!終いには母さんも駆けつけ、父親は警備隊に侵入者(フェイ)がいると連絡したようです。やること早いですな

フェイは友達で、ソラリスに囚われた友達を助けるためにパソコンを弄った、と話すエリィ。ですが、それでも父親のエーリッヒは許してくれません。逆上したエリィは…

私は2人の本当の子供じゃない

本当の母親は別にいる

と主張し、母親を悲しませたのでビンタを食らっちゃいました。エリィの髪の色が両親とは異なるので、そう考えるのも無理はありません。でもナノマシンの研究が発達しているくらいなので、DNA検査くらいありそうな気がします。それで調べれば、エリィもそんなこと言わないで済むのに…。

フェイのことは必死の説得により、なんとか理解してもらえました。エーリッヒはフェイを逃がしてくれましたが、エリィは家に残るように言いつけます。ここでエリィと別れることに。


バルトたちは、第3級市民層のダストシュートの先にいます。そのため、監視塔に戻って第3級市民層へ降りようとしたところ、シタンが現れました!捕まってなかったようで、一安心です。

そして、IDを認識するシステムはシタンにくっつくことで、無事に通過しました。何度も破られるセキュリティの意味

ですが、このシステムは軍属の人しか通れません。なので、フェイはシタンが通れることを不思議に思います。しかし、シタンいわく「軍属だった頃のIDが消されないまま、管理センターの記録バンクに登録されてたから問題なかった」とのことです。

エーリッヒ VS 警備隊


エリィの家には、警備隊がやって来ました!父親は「侵入者が逃げた」と話しますが、警備隊は引き下がろうとしません。カレルレンがエリィを連れてこいと命令したので、連れて行こうとします。

しかし、それが何を意味するのか理解しているエーリッヒ。娘を被検体にするもんかと、警備隊からエリィを逃がしてくれました。

こうして、ダストシュートでエリィと合流したフェイたち。ここからは3人で行動し、ソイレントシステムへ行くことに。ここからがひたすら長いんです…。

缶詰の中身は


途中で腹ごしらえすべく、缶詰の中身を食べるフェイとエリィ。先へ進むと、シタンはフラグめいたことを話します。

「あなたたちは、あの食料を食べました。そのことをよく認識して、その扉を開けてください」

怪談話並みにぞっとする、シタンの台詞。しかし避けては通れないので、開けました。


すると扉の奥で、人間らしきものの遺体がベルトコンベアで流れているのを目の当たりにします。これは亜人で、缶詰の中身は亜人の肉だったんです…!!!!

衝撃の事実に、食べてない私でもウゲッと吐きそうになりました!!!それから1時間はお肉を食べられなかった

落胆する2人を目の前に、シタンが流暢に語り出します。

「ソイレントシステム。ソラリスの生体実験場とその処理施設。そして刻印を維持するための食料、薬品の生産施設。アクヴィのウェルスもここで創られたのです」

ドミニアはウェルスの母体とされていた一族の1人で、その最後の生き残りなんだそう。

そしてエリィの父親は、ソイレントシステムの元総括官であるため、ドミニアはエリィに私憤を抱いているようです。「家族を実験体にしてくれちゃって、許さないんだから!」というような気持ちなんでしょう。

それにしましても、シタンはズルいですよね。缶詰の正体を知ったうえで、2人が食べるのを傍観していたので…。いつか罰があたるぞ


ソイレントシステムの先には、水中に眠るギア・バーラーがありました。シタンに反応しなかったので、この搭乗者はいったい誰なんでしょうか。

レッドラムの兄弟


このダンジョンは、ところどころに檻があるんです。これが面倒なシステムでして、中には宝箱とウェルスがいるんです。つまり、宝が欲しけりゃ檻を開けて戦えーい!ということですね。

その中でも、1つの檻にぎゅうぎゅう詰めにされたウェルスたちがいたんです。「彼らは元人間なんだ。さすがに365日満員電車は可哀想」と檻を開放したところ、数え切れないほどの連戦に!!!!そのうえ良いアイテムじゃなかったから泣ける

その中には、キスレブの地下水道で倒したレッドラムの兄弟を名乗る敵が登場!それを知り、心を痛めながらも戦闘へ…。しかし戦闘開始直後に2人がマーダラー(すべてのHPを吸い取る)をやられたので、すぐに蘇生して3人でフルボッコ浄化しました。


奥に進みますと、フェイたち御一行の分析結果らしきものが見られます。おそらく、カレルレンが見ていたのでしょう。

その中でも気になったのは、バルトの備考欄。

「アニマ『ダン』の回収後、アニムスとして調整予定」

ん?ダンってあの…


ええええええ!!!

というかアニマって何ですか?FF10の召喚獣ですね

アニマの器なら理解してるつもりですが、アニマとは何ぞや状態です。これも、これから説明されるのでしょうか?ですがカタカナ単語のほとんどを覚えていないので、私が忘れてるだけというような気もします…。

とにもかくにも、アルル姉さん大好きっ子のダンと関係があるのか気になりますね!!

←次回 ゼノギアス 感想日記43「最強のしゅごキャラ!」

→前回 ゼノギアス 感想日記41「恋と嘘」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • アニマはそのままアニマの器の事です。
    アニマの器は「無生物(ギア)と融合するユニット」ですが、
    真の意味はDISC2で明らかとなります。

    ダンはたまたま名前が被っただけだと思われます。
    バルトのアニマ(の器)”ダン”はおそらく旧約聖書が元ネタでしょう。
    後々、他のアニマの器の名前もずらずらと出てきます。

  • アニマとアニマの器は同じ意味だったんですね!

    アニマのダンが、あの子とは関係がないことに安堵しました。。( ´ ▽ ` )まさか旧約聖書が元ネタだったとは…!

    なんと、他のアニマの器にも名前があるんですね!どんな名称なのか気になります…!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。