ゼノギアス 感想日記44「アニマルラムサス」




※ネタバレがあります

ソラリスからの脱出


娘を守るため、グラーフと処刑人にトドメを刺そうとするエーリッヒ。ギアに乗ってきたは良いものの、処刑人の力によって破壊されていく姿が哀れでした…。

このままでは仲間が危険だと焦るフェイは、人格をイドに乗っ取られ、ハッサムを召喚しましたよ!!ゆけ!ハッサム!


来い!来い!来い!来い!来い!

ハッサムが来ることを予期していたようで、ラムサスは待ち構えていました。意気込み方がアニマル浜口さん

けれど戦闘すらなく、一瞬でアニマルラムサスさんのギアは墜落しました…!

最初は正統派イケメンと言っていましたが、「うひ、うひゃはは」なんて笑い方をする人だとは思わなんだですよ…。


ハッサムの登場により、何とか逃げだせた一行。

カレルレンはエリィを連れ戻させるために、ラムサスを使おうとしましたが、ラムサスはすでに墜落したので追う術がありません。

自分たちが追えばいいのに、労力を費やすほどではないのでしょうか。


ここでシタンが解説してくれます。ハッサムはヴェルトールが変化した姿で、フェイが乗っている、と。


エリィの献身


しかしイドは戦闘狂なので、敵味方構わず戦闘を仕掛けてきます。そこでエリィは、元のフェイに戻ってくれるよう、ハッサムを捕まえて説得します。


場面は、シタンと天帝のやりとりへ。天帝はガゼルの老人とは異なり、ヒトを大切に思っているようです。

シタンがフェイ側につくことを了承してくれました。また、アーネンエルベを成せるのかと問い、シタンはできると考えていることが分かります。

しかしこの部屋、キャンバスに描かれたアートが浮遊しているんです。これは、天帝の趣味かもしれません。

脅威の人格・イド


フェイを元に戻した後、シタンはジェサイアとシグルドに、イドの詳細を伝えました。

フェイがラハンに住む以前は、暗殺者イドとしてグラーフと行動を共にしていた、と。


また、フェイをソイレントシステムで拘束していた時に判明した、表に出ない臆病者な基礎人格があることも。

にしてもまじまじと見つめますと、フェイよりイドの方がイケメンやもしれませぬな…!


シェバトでは、フェイの扱いについて議論が交わされます。そこではなんと、キスレブでのリコの部下がやられた事件はすべてイドの仕業だった、ということも分かります!

イドの悪業を知った仲間はだんまり…。その結果、フェイをカーボナイト凍結することに。仲間に対して、一言だけ言わせてください。


この裏切り者がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


牢に囚われていたフェイに、話しかけるエリィ。イドを恐れるフェイですが、エリィはイドを引き出すものがない、戦いがないところに2人で行こうと提案します。

エリィの優しさに泣きたくなりました…!これを断る人はいるはずがありません!!

逃避行


こうして、深夜に2人で逃避行する展開へ。しかしシタンたち親しい仲間にはバレており、わざわざお見送りに来てくれました。そんなことよりシェバトのお偉いさんに反対してくだされ

しかしエリィのギアはありません。そこでシタンが、シェバトのギア・バーラーに乗ることを勧めますが、全力で拒みました。あれに乗るのが怖いのだそう。

VS ラムサス


いろんな人から塵扱いされるラムサス。その度に違う!と否定してきました。塵でないことを証明するためにも、フェイを倒したいラムサスはストーカーのごとく追いかけてきました!!しつこい男性は嫌われますぞ

返り討ちじゃああ!と思いきや、ラムサスのギアがパワーアップしているじゃありませんか!!アニマの器を使い、ギア・バーラー化したようです。

ハッサムになればいいものの、エリィがいるためか何もできず、墜落していくヴェルトール…。

カレルレンの命令「エリィを連れてこい」を無視し、フェイとエリィが乗るヴェルトールを大破したラムサスは大喜びでした。

はたして2人の行方は…。


と展開が気になるところで、DISC2に入れ替えてという指示が!!!これには懐かしさが蘇ります…!

しかし、これはダウンロードしたソフトなので入れ替える方法が分からず、すぐにググりました!自動で入れ替えてくれればいいのに

設定からDISCの入れ替えができたので、次回からはDISC2へ突入です!

←次回 ゼノギアス 感想日記45「純粋と変態は紙一重」

→前回 ゼノギアス 感想日記43「最強のしゅごキャラ!」

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • DISC1クリアおめでとうございます。ついに終盤突入ですね。
    ここから駆け足で物語が進んでいきます。違いにびっくりすると思います。

    シェバトの影の部分が見えてきました。
    ソラリスも一枚岩でないことが明らかとなり、各人が別の思惑で動いていきます。
    グラーフの過去も判明しました。ディアボロス軍団を動かして世界を壊滅させたことも。

    約500年前の「崩壊の日」、地上もソラリスも無差別に破壊され、滅亡寸前になりました。
    最終的にはロニ・ファティマ(バルトの先祖)達のギアバーラーによって打倒されました。
    シェバト王宮で聞ける話ですが、図書室のモブが話すだけなので、忘れやすいところです。

  • >O2さん

    コメントありがとうございます!^ ^

    やっと終盤まで来られました!
    本当にその通りで、個人的にはミァンの目的が特に気になっています…!

    そ、そんな話が聞けるとは!!モブには話しかけなかったので、他にも重要な話を見落としている可能性がありそうですね…!

    教えていただきありがとうございました!!(*´∇`*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。