ゼノギアス 感想日記55「ホラーなカレルレン」




※ネタバレがあります。

デウスを支える者


デウスの最深部に辿りついたフェイたち。

そこでは、中心のデウス本体を
4つの力が支えていました。
デウスがキノコにしか見えない

ここでは、真っ先に本体を叩くか
周囲から削っていくか、
どちらかを選べるのだそう。

私は、周囲から
チクチク削っていくタイプなので、
まずは4つの力を阻止することに!


VS メタトロン


地よりわき立つもの」という
全体攻撃が厄介なメタトロン。

1回で4000~5000ほど食らうんです。

その上、連続攻撃を仕掛けてくるので、
1万以上の体力を維持しなければなりません。

そこで役立つのが、
バルトお得意のワイルドスマイル!
命中率を下げてから戦えば、
怖いものなどないんです!!
通販の宣伝みたい

「地より~」は、シタンのエーテル機関で
地属性攻撃の軽減を行うと、
3000ほどに減りましたよ!

さすが万能守護天使ですね!!

VS ハールート


ここでは、戦闘中に
2人の行動が封じられるんです!

回復するには時間経過しかないので、
その間に1人でどんどん攻撃を叩き込みました。

見た目が竜巻なので、
物理的に攻撃しても無意味な気がしますが
ちゃんとダメージを与えられます。

VS サンダルフォン


4つの中で、一番楽だったサンダルフォン。

ヒーリング」で回復するのですが、
全員でブースターを仕掛ければ問題ありません。

また、「ターゲティング」という技で
1人を指定してきます。

攻撃すると指定したキャラに反撃しますが
対象キャラクターが攻撃すると
全体に攻撃してくるんです!

それだけが厄介でした。
なので指定されたバルトはサンドバッグ状態に

VS マールート


いやー、こやつが一番苦労しました!!
外見は地上絵なのに

フュエルドレイン」という技で、
燃料を減らしてくるんです!!

燃料は攻撃したり、
ブースターを掛けたりするのに使うものなので、
それが無くなると手も足も出せません…!

チャージして燃料を増やしても、
それを上回る量が減るので
泥試合に…。

まったく勝ち目がなかったので、
ここは一旦、セーブデータをロードしました。

そこで役立つのが、
タンクブロックです!

これをつければ、
燃料が減ることはありません!

タンクブロックを着けただけで、
あの苦労は何だったのか!!
というほど楽に勝てました!

VS デウス


先に4つの力を削いで戦ったためか、
とてつもなく楽勝でした。

もし削がなかったら、
各々が得意とした技を使われていたようです!

フュエルドレインや
地よりわき立つものなどが
それに該当します。

ここも全員でブースターをかけて、
必殺技を叩き込んだので、
あっけなく終了しちゃいましたよ…。

エリィのために


ゾハルは活動停止し、
これにて一件落着…ではありませんでした!

ゾハルから解放された存在が、
元の世界へ帰ろうとしているんです。

膨大なエネルギーがここで解放されれば、
この星は消滅してしまいます。

すると、デウスが上昇し始めました。

エリィは自身を犠牲にして、
フェイたちを救うため、
デウスをこの星から遠ざける気です!!

ゾハルが消失した今、
動くことができるのはゼノギアスだけ。

なのでフェイは、
エリィを助けに向かいます!

カレルレン


セフィロートの道と呼ばれる場所で、
カレルレンが出現しました。

画像の幽霊みたいなものが、
カレルレンなんです。
ホラーゲーム並みに怖い

「限られたモノと想いは共有することはかなわない…。だから私は、全てを最初の時点に戻そうと結論した

ヒトは不完全な状態で生かされている、
と言うカレルレン。

そんなカレルレンは、
存在と一体化することが目的でした。

存在とは、フェイに
ゾハルを倒せと教えてくれたものです。

しかしフェイは、不完全だからこそ
お互いかけている何かを補い合い、
生きていく。

それが人だと答えました。

「ならばそれを私に見せてくれ。神の下から巣立とうと言うお前達ヒトの力(愛)を…」

VS ウロボロス


正真正銘のラスボスです!

1対1での戦闘なのですが、
デウスに負けず劣らず、
ウロボロスも弱いんです。

ブースターをかけて必殺技を叩き込めば
苦労することはありません。

エリィとの再会


ようやく、エリィと再会できました!!
なぜ裸なの

カレルレンは、
ソフィアを想う気持ちを原動力に
今まで行動してきました。

今までの行為も、
ソフィアから教えられた愛を
人に施そうとしてきただけなのかもしれません。
惑星規模で大迷惑だったけれども

「だから彼を赦してあげて…。カレルレンは誰よりも人を愛していたのだから

その言葉にフェイも頷きます。

また、エリィは自分を犠牲にしてでも
他人を救うのが正しいこと
だと思っていました。

ですが、その行為は
遺された人間の心の中に
悲しみを遺すだけでした。

しかし、フェイはそれを尊い事だと言います。

愛は与える者と受ける者、二つは一つ。
それが人であることの意義だと話しました。

そして、こう続けました。

ヒトであることの意義について
それが正しい答えなのかどうか
考える時間はたくさんある。

カレルレンが見つけようとしていたものを
その答えを俺達が見つけよう、と。

答えを見つけるのはいいのですが、
とりあえず服を着てくだされ。

しかしここまで露出していいなら…


この場面ももっと露(ry

←次回 ゼノギアス 感想日記56「フェイ100%なエンディング」

→前回 ゼノギアス 感想日記54「エメラダ、大人になる」

スポンサーリンク






4 件のコメント

  • ヒトに絶望し、神に救いを求めるカレルレン。人の未来を信じ、神から自立するフェイ。対照的ですね。

    カレルレンの目的は、ヒトを一つにし、高次元=神の世界へ還る事でした。争いも死も無くなり、全てが平等になります。しかし、人の形も、個人という意識も無くなってしまいました。

    一方、フェイは人の未来を信じています。今現在、人は解り合っているわけでも、一つにまとまっているわけでもありません。それでもフェイは、人であり続けることを選択しました。

    ウロボロスは太母ミァンと考えられます。ウロボロスを倒すことでエリィはミァンを克服し、ヒトは運命から解放されました。ヒトが人になったと言えます。

  • O2さん

    コメントありがとうございます!^ ^

    >ヒトに絶望し、神に救いを求めるカレルレン。

    そうですね、フェイと真逆でした!あんなことがあったカレルレンの気持ちは分からなくはないですが、私はフェイの考えを推したいと思います…!

    >ウロボロスは太母ミァンと考えられます。

    教えて頂きありがとうございます!!ウロボロスが急に出てきたので、疑問に思いながら戦っていました。。

    言われてみますと、髪が青紫色というミァンとの共通点があるため、その推測は正しいと思います!

    あれを倒したからこそ、ヒトが神の部品でなくなり、人となったのですね。O2さんのお陰で、ウロボロスを倒した意味を理解できました!ありがとうございます!(*´∀`*)

  • ゼノギアスで検索したらたどり着きました!

    懐かしいですね〜、若い時にやったので内容の理解まではいかなかったですが、フェイとエリィの長年の恋、片翼の天使など印象に残ってます。

    リメイクされるのをずっと待ってるんですが、なかなかされないですね笑

    クリアーおつかれさまです(^^)

  • ひかるさん

    コメントありがとうございます!^ ^

    ゼノギアス懐かしいですよね!ストーリーが難解なのですが、私もところどころ印象に残っています( ´ ▽ ` )フェイとエリィの恋は、長年結ばれなかったので、ようやく結ばれて嬉しかったのを覚えています^ ^

    一時期ツイッターのトレンドに「ゼノギアス」が載った時は、リメイクが来た!!と期待したのですが、まさかのフィギュア化でしたからね(;ω;)私もFF7みたく、ゼノギアスのリメイクを待ち望んでいます…!

    ありがとうございます!^ ^
    また、ブログを読んでいただき感謝です!( ´ ▽ ` )

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。