ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記6「インパ様とプルア博士」




※ネタバレがあります。
※著作権は「©Nintendo」です。

カカリコ村のインパ様


 やっとこさカカリコ村に到着しますと、最奥にインパ様がいました。ジブリに登場しそう

 どうやら、100年前にリンクと会っていたようですが、リンクは覚えておらず…。

 インパは、ハイラル王国の姫・ゼルダがリンク宛てに遺した言葉を託されていました。

 「リンクに命を賭けて救う覚悟があるなら聞かせよう」ということで、覚悟を決めますと、その言葉が「四体の神獣を 解放せよ」であることを教えてくれました。そして、過去の出来事を詳しく教えてくれます。

 また、シーカ―ストーンの機能が欠損しているため、「ハテノ村の研究所にいる博士を訪れれば解決するかもしれない」とのこと…。

 どれから回るのかは、プレイヤーが自由に決められます。どれも放棄し、ラスボスに行ってもいいんです。ですが私は、シーカ―ストーンの機能を復活させるべく、ハテノ村を目指しました。

四神獣

 四体の神獣とは、以下のことです。ポケモンでいうカプ系ですね。

  • ゴロン族・ダルケルが操った神獣ヴァ・ルーダニア
  • リト族・リーバルが操った神獣ヴァ・メド―
  • ゾーラ族・ミファーが操った神獣ヴァ・ルッタ
  • ゲルド族・ウルボザが操った神獣ヴァ・ナポリス

1万年前の出来事

 1万年前、占い師が預言を伝えました。それは「ガノンが復活する。ガノンに対抗するものは地中に眠っている」というもの。

 それに従い、人々は地中を発掘しました。そうして出現したのが、四神獣とガーディアンです。

 当時の人々は、特殊な力を持つ4名を四神獣の操作者として選出し、封印の力を持つ姫と退魔の剣に選ばれし勇者の計6人で、ガノンに挑みました。神獣はガノンの力を削り、ガーディアンもまた味方として、戦闘に参加していたようです。

 その戦に勝利した経験から、ガノンが復活するたびに、人々は過去に則ってガノンを討伐していました。

ハテノ村のプルア博士


 ハテノ村へ到着しますと、丘の上に研究所がありました!

 博士はプルアという女性で、リンクのことを覚えているようでした。また何かあると、ちょこちょこメモに書く癖があります。「フムフム、100年の眠りから覚めると自分に都合のいい解釈をする…メモメモ」といった感じで…。少しだけ憎たらしいけれど可愛いから許せるキャラクターです…!

 彼女が小さいのは、小さくなる実験という名の若返りが成功したからだそうです。髪が白いのは、加齢のせいなのかもしれません。ということは、インパとプルアは同年代なのでしょうか…。


 プルアから「シーカ―ストーンの機能を復活させたいなら、古代炉から青い炎をとって、家の外にある燭台につけて」と頼まれました。

 なのでハテノ村にある古代炉から、たいまつに青い炎を灯します。濡れたり、斜面を上ったり、走ったりすると青い炎が消えるそうです。そのため、道の端にある燭台に炎をつけながら、ひたすら歩きました。

 上記の画像は、ハテノ村の古代炉です。


 プルアの指示に従いますと、シーカ―ストーンの機能が復活しました!「アルバム」「ハイラル図鑑」「ウツシエ」が解放されたので、まずはプルアを「ウツシエ」で撮影することに。

 画像を見せますと「…わ! 誰? この美少女?!」と驚きを見せました…。村ではプルアばーちゃんと呼ばれていたのに

 話はさておき、シーカーストーンには過去のウツシエが保存されていました。この写真はインパが詳しいかもしれないそうなので、再び会いに行くことに。

 また、プルアかもう一人の博士に古代素材を渡すと、シーカ―ストーンの機能をパワーアップしてくれるそうです。これは嬉しいですね!

 ですがカカリコ村とハテノ村を行き来するのは距離があるため、戻るのは億劫です。カカリコ村の祠をクリアしておけば良かったと後悔しました。

 インパに会うのは置いといて、次は神獣を解放するため、此処から近い北東の目的地へ向かいます。

ルッコ・マの祠


 道中では、試練の祠を見つけました。克服の証を手に入れるため、ルッコ・マの祠へ入ります。

 今回は、中央の立方体に刺さった5つの燭台に炎を灯すというもの。手前の箱を攻撃して回転させることにより、中央の立方体も回転します。

 手前の箱をよく見ますと、取っ手に矢印がついているんです。攻撃した取っ手についている方向に、立方体も動きました。もっと早く気付きたかった…

 失敗した場合は、祠から出て再入場しますと元通りになります。

サオ・コヒの祠


 ここでは、ガーディアンを討伐しなければなりません。

 私はひたすら、リモ爆で攻撃いたしました!

 基本は距離をとり、敵の回転攻撃を石柱にぶつけて怯ませてから攻撃しています。体力が減りますと竜巻を起こすようになりますので、その間はリモ爆を投げてガーディアンに到達したら起爆しました!時間はかかりましたが、10分ほどで倒せましたよ…。

ゾーラ族との出会い


 始まりの塔に似た塔がありましたので、上ってみました!

 頂上に着いたときに「うぉおおおおおああああ」と聞こえたので、ハイラル王がいるのかと思いきや、まさかのゾーラ族…!

 ノールというゾーラ族は、ゾーラの里にいるシド王子と一緒に、ハイリア人を探していたようです。

 しかし、シド王子とはぐれた上、塔から降りられずに困っていたとのこと…。シド王子の居場所を教えてもらいましたので、彼のもとへ向かってみようと思います。


 望遠鏡で試練の祠を探しつつ、ノールを覗き見…。

 見ていることは思い切りばれているようですが、何も言わないので問題ないはず。よく見ますと、ゾーラ族ってイケメンですね!体が締まっていますし、高身長ですし…見下されている視線がたまらぬ

←次回 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 感想日記7「ミファーの想い人」
→前回 ゼルダの伝説BoW 感想日記5「双子山を越えて」

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。